home
prev next

妄想力が足りない

最近、忙しい。というのは別のエントリでも書いた。でも、追い詰められているのかと云えば、そうでもない。それも書いた。ただ近頃、妄想することが減ってきた気がするので、それを危惧している。人は妄想してなんぼである。云うなれば、妄想量の総量と幸福は比例するわけだ(たまに反比例する例外事例もあり)。幸せになりたい、お金持ちになりたい、好きな人と一緒にいたい、それらも初めはすべて妄想であり、それをきっかけとして、妄想を膨らませていくことでいよいよ具現化されるのである。

雨が降っている。僕は傘を差してとことこと坂道を登っていく。坂の途中にあるパン屋さんの前で立ち止まる。立ち止まったことに特に意味はない。ただ何となくパン屋さんの中をガラス越しに覗いたら、ちょうどクルミパンが焼き上がったところだったんだ。カランと扉を鳴らして、店に入る。クルミパンと生ハムのバケットサンドをトレイに取って会計を済ませて、店を出た。後ろで扉がカランと鳴る。いつの間にか雨は上がっていて青空が顔を覗かせていた。そういえば午後には止むって云ってたっけ。一歩二歩と歩き出したところで、声が掛かった。「傘、お忘れですよ。」慌てて振り向くとさっきのレジの女の子。照れ隠しに少しだけ笑って、頭を下げて傘を受け取る。そして、また歩き出す。「名前くらい聞いておけばよかったのかな。」そう心の中で思って、すぐに消える。もうその女の子の顔も覚えていない。
--
という妄想をがんばってしてみました。これからも妄想道を突き進んでいきたいと思います。

comment

ちなみに企画意図としては、「--」より上すべてが妄想という感じです。と何となくフォロー。になってないな。

kentaro 06-02-16 Thu 10:23

ちいせえ妄想だな。

妄想クイーンの私を見習え。

Maqui@寝ろよ・・・ 06-02-17 Fri 02:42

いまは小さい幸せが欲しいからそれでいいんです。
や、大きくても別にいいんだけどさ。
ちなみに、妄想力に限らず、Maquiさんは人生の師として一挙手一投足を見習っていきたいと常々思っております。

kentaro 06-02-17 Fri 03:45

よく考えたら、そこで女の子に名前を聞いたらプチ変質者じゃないかと。

甘ぼう@経堂の苺大福買って持っていってあげるね。
これがまた小さな幸せ。喜べ。

maqui 06-02-17 Fri 18:07

だから聞かないわけですよ。単に心の中に浮かぶだけ。
ってそれでも変質者かなぁ。

ぜひ、たい焼きも!

kentaro 06-02-17 Fri 18:21
name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


画像の中に見える文字を入力してください。


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/2321