home
prev next

蔵王紀行 #6 雪子さんと紅子(仮)さんが行く

クマオたちが蔵王に出掛けている頃、東京の某所では―――。

060507-01.jpg雪「ちょっと、私たちを置いていくってどういうこと?」
紅「嵩張るし、仕方ない」
雪「メタなこと言うわね。そんなことでは虫が治まらないわ」
紅「ではどうするの?」
雪「居残りのクマたちをしばいてやるわ」
紅「留守番してるんだから私たちと同じだと思う」
雪「あなた、良い子ぶるのもいい加減にしなさい。ストレス発散よ。さてどうしてあげようかしら・・・」

ク「(どんどん性格が悪くなって行くクマ)」

続く(鴨)

comment

name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


画像の中に見える文字を入力してください。


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/2479