home
prev next

夏のレコード

温度と湿度が上昇して、粘性の高い濃密な空気に浸りながら、空を見上げて張り切り過ぎの熱球と対峙する。音は聞こえない。目線を元に戻して、汗を流して、道を進む。

夏は嫌いだ。でも好きな夏もある。そんな夏にレコードを紹介。なんだこの繋ぎの悪さ。

今夜はブギー・バック / 竹中直人&ワタナベイビー
小沢健二公認、スチャダラ・プロデュースによる12年振りのリバイバルにして、映画「男はソレを我慢できない」テーマ曲。竹中直人とワタナベイビーの絡み付くようなボーカルが暑苦しくて夏っぽいよ!という誠意のない感想でひとつよろしくお願いいたします。いやしかし、ボーカルが変わるだけでイメージも結構変わるものだ。ところで、カップリングの"恋の☆散歩道"がとても好ましく思いました。

Magic Music / 木村カエラ
例によってアイゴン(あいぼんじゃないよ)プロデュースによるシングル。カップリング含めてアッパーですね。ところで、音楽における木村カエラのポジションってちょっとよくわからない。アイドルなんだろうか。キャラはアイドルじゃないけど。あと、ジャケの木村カエラかわいい。彼女、写真(カット)による差が激くない?

Coffee&SingingGirl!!! / フルカワミキ
彼女の場合もポジションが今ひとつハッキリしないのだけど、路線としては嶺川貴子系?

ロマンティック街道 / キリンジ
コロムビア移籍第一弾。つかTRIADなのか。音はディスコですね。早くアルバム聴きたいなあ。

phantom of indie boys / UTRECHT
STEREO-TENNISとのコラボPVがやばい。かっこよすぎる。これを見るために買えばいいと思う。但し、PSBとかCPTRのファン限定。

しかし、揃いも揃って80年代風味なんだけど、狂乱の時代を経験しなかったアンチ・バブル世代の逆襲、もしくは嫉妬と云えるのかも知れない。とか適当に書いてみた。

comment

name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


画像の中に見える文字を入力してください。


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/2588