home
prev next

旅の合間に読書でも

この旅行には、本を2冊ほど持ってきたのですが、思ったより早く読み終わってしまってちょっと動揺。ハードカバーなので、2冊に抑えたのですが、もっと持ってくれば良かった。
と云うことで、簡単に読書感想メモ。

フラッタ・リンツ・ライフ / 森博嗣 (中央公論新社)
とりあえずもう一度読みたい。と云うか、このシリーズは、出るたびに最初から読み直しているような気がする。相変わらずの浮遊感があって、尚かつ、絶妙にコントロールされたテキストで、徹底的に軽量化されているのだけど、軽薄ではなくて、むしろずっしりと来る。飛行機乗りの話なのに、実際は全編心理小説であり、そこが重さを感じるのかも知れない。ウエイトを捨てて、もっと自由になりたいのに、そうなれない現実(でもそれが人間であり、美しいと思う)を空想的にリアリスティックに描くことで、心に何かが引っかかる。でも読了感は悪くない。次回完結。

江利子と絶対 / 本谷有希子 (講談社)
最近気になりだした本谷有希子さんの短編集。表題作の「江利子と絶対」は、「え、ここまで書くの?」ってちょっと引いた。次の「生垣の女」はもっと引いた。と同時に、引き込まれた。そしてラストの「暗狩」で、見事にはまった。何がすごいのかわからないけど、これが筆力というものなのか、とにかく圧倒的。仕掛けが特別なのではなくて、展開が特別なのだ。こういう展開ができる(想像するだけではなくてちゃんと実行できる)人って、そうそういないと思う。次作も読みたい。

comment

I have been browsing online greater than 3 hours lately, but I by no means discovered any interesting article like yours. It is lovely worth enough for me. Personally, if all webmasters and bloggers made just right content material as you probably did, the internet shall be a lot more useful than ever before.

cheap oakley frogskin lenses 13-05-30 Thu 12:11
name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


Type the characters you see in the picture above.


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/2572