home
prev next

領域拡大

現存する本谷有希子著作の小説をすべて読んでみて、もうすっかり彼女の虜であることに気づく。そして遂に、一度は諦めた舞台での出逢いも見えてきた昨今、そんな淡い関係性を俯瞰してぼうっと眺めてみると、僕はそれまでの自分が持っていない領域に足を踏み入れて、自分の領域を拡げていくことを求めているのだな、ということに思い至る。そう、楽しいのではなくて、求めている、が近い。だから、楽しくない場合も多々ある。それでも、少しずつ拡げていくのがこの上なく気持ちが良い。ずっと楽しく進めればそれがいちばん良いのだけど、そういう動機なので、時には楽しくなくても仕方がない。そう思っている。

抽象的な話って楽だなぁ。

comment

領域・・・わたくしもひろげてあげましょう。

うたぐわ 06-09-27 Wed 11:20

いやん。お手柔らかに♥

kentaro 06-09-27 Wed 20:04

kentasさんきっかけで、本谷有希子さんの本、2冊読みましたよ。
ゼッタイはちょっと怖かったけど、「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」はひきこまれました。
身につまされるお話でしたが(汗)

miza 06-09-27 Wed 21:59

「腑抜けども・・・」はヤバす。ある意味ミステリ。早く次書いてほすい。

kentaro 06-09-30 Sat 04:33
name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


Type the characters you see in the picture above.


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/2703