home
prev next

夏と秋の優柔不断な一日

新宿御苑渋谷で用事を済ませてから都バスに乗って、あの白樺の豚丼で腹ごしらえをしたのち、夏の想い出的な強い日差しを心地よく感じながら、公園やら歓楽街やらをカメラ片手に散歩。というかカメラ4台持ってたけど。ずっしりと重い鉄の匂いって、懐かしくて頼もしい。

公園では、トンボが飛んで、カモが芝生を散歩して、人びとは思い思いに寝転がったり、フリスビーしたり、写真撮ったりしていて、そういうのを見たからなのか何なのか、特に何をしたわけではないけれど、有意義な時間だなって少し思った。あと、ちょっと日焼けしたかも知れない。

comment

name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


画像の中に見える文字を入力してください。


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/2673