home
prev next

続・カクレカラクリ

カクレカラクリ」読了。乱暴に云うと、森博嗣版「それいけ!ズッコケ三人組」みたいなものだ。ただ、こちらはずいぶん頭の良い三人組だけど(もちろん理系大学生)。夏休みにとある田舎で繰り広げられる宝探しとちょっぴり恋愛。謎解きはオーソドックスな気もするけど、そこがキモではないので気にならない。それより、学生の終わらない夏休み感あふれる描写がいちばん好きだな。透明で無垢で穏やか。そして人間くさい。

コカ・コーラ120周年記念として書き下ろされたからなのか、作中にたびたび登場する王冠付きの瓶コーラが抜群に効いている(きっと森氏のユーモアなんだろう)。水槽に沈んだ瓶ジュースって思いっきり「夏」だよね。ミステリ部分そのものよりも、爽快感のある進行がとても心に残った作品なのでした。ということで、どのように描かれるのか興味津々なテレビ版「カクレカラクリ」は今週水曜日21:00よりTBS系列にて放送です。

追記 060912 2:10
テレビ版のあらすじを見たら、結構設定が変わっている模様。まあ、原作そのままの密度を再現するのは無理だから、正しいアプローチな気もする。さらに楽しみ。

comment

name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


画像の中に見える文字を入力してください。


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/2686