home
prev next

あの人に逢いに

遭難、いま最も気になる人、本谷有希子の今年唯一の本公演を青山円形で観てきました。

んー、でも、書くことが見つからない。ただ、なんか感想とかはどうでもいいや。ってくらい満足したことだけは確か。強いて書くと、切れ味とプロットは「密室彼女」の方が好みだったし、舞台構成上の役割(主役とか敵役とか)が固定されておらず感情移入しづらかった。あるいは、終わり方も微妙だったり。そんなネガティブなことばかりが頭に浮かぶ。でも、そんなことはどうでもいい(2回目)。面白いんだから。面白いことは面白いとしか云いようがない。吉本さんも相変わらずかわいいしね。

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の映画化決定。きっと観に行くのだろう。来夏公開。

comment

name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


Type the characters you see in the picture above.


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/2721