home
prev next

金木犀の月曜日

近所に劇場がたくさんあるという地の利を生かして、これまで地元開催の演劇を好んで観てきたのだけど、この連休はアウェー3連戦。本日は三鷹まで遠征して来ました。蛇足ながら、三鷹って吉祥寺より西なのね。なにも考えずに新宿まわりで向かってしまった。でも中央線の高架から見る風景が素敵だったから良しとする。

三鷹からバスに乗って向かったのは三鷹市芸術文化センター。本日の公演は、春先から楽しみにしていた劇団宝船の第3回公演「坩堝」であります。ずっと待っていたよ、この日を。そしてまったく持って期待通りの出来栄え。面白い。ヤバイ。この3日間だと、最もこのタイプの舞台が好きだな。役者もすこぶる良い。あまりに良いから、今日出演した役者繋がりで楽しそうな舞台を2つほど予約。来月も再来月も劇場に通い続けるのです。

061009-01.jpgホントはこの余韻にしばらく浸っていたかったのだけど、終演後そそくさと駅まで戻って、恵比寿に急行。今度はsonarsound tokyo 2006に向かう。夏の野外フェスに対して、秋の理系インドアフェスという趣きで、5時間ほどでかいスピーカによる音楽漬けを体感。ヤン富田バンド(with 小山田圭吾)目当てで行ったのだけど、ROMANTICAとレイ・ハラカミ+高谷士郎の前に霞み気味。特にハラカミはカッコ良すぎる。あのルックス(失礼)も含めて惚れた。45分では短すぎるよ。ところで、途中でKげやまくんとGおくんにばったり会ったのには驚いた。おつかれさまっす。

ということで、なにやら芸術の秋(観る方)を謳歌した3連休でした。でも秋はまだまだ続くよ。

#写真はsonarsound会場限定のムーグ・ドール。3,990円也。

comment

name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


Type the characters you see in the picture above.


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/2714