home  

candylogue

February 2007April 2007

March 2007

抄出 070328

今週は忙しい、と思っていたけど気づいたらまだ火曜日だった(あ、水曜日になった)。
忘れないようにメモ。

  • 04/04 渋谷系コンピ / V.A. : 今さらなぜ。小西氏監修。とりあえず買う。
  • 04/06 FRANZ KAFUKA’S AMERICA / DCPRG : もっと先かと思っていたら意外と近かった。
  • 04/18 Lovebeat Disney / V.A. : クラブ×ディズニー。Q.,indivi とか中塚さんが参加しているので買う予定。
  • 05/16 ALL!!!!!! / 100s : 久々。マストバイ。
  • 05/23 Musical / クラムボン : こちらも久々。買います。
  • 06/30 NUIT / Cubismo Grafico : Five じゃない方。
  • 06/27 ハベルカ / くるり : タイトルは仮。この辺まで来るとだいぶ先だ。

ポンデ

[photo] ポン・デ・リングミスタードーナツって、3日に1回くらいの割合で100円セールをしている気がする。
普段は行列に恐れをなして通り過ぎるのだけど、今日はふらふらと列の最後についてみた。初めて食べたオールドファッション抹茶チョコは今ひとつ。もっちりしたポン・デ・リングはやっぱりおいしい。
ところで、クリスピー・クリーム・ドーナツとやらにはまだ行っていません。未だに1時間待ちらしいけど。

コント

OFF・OFFシアターにて、先週に引き続いてのコント。モッカモッカ「バッタが邪魔で乳首が見えない」を観劇。昨年同様、馬鹿馬鹿しさに磨きが掛かる出来栄えで、U-1グランプリの洗練具合とは対局に位置すると云える。どちらが好きかと問われれば、どちらも好きだ。ただ、難を云えば、席を詰め込み過ぎ。小さい小屋でやるなら日数を増やすべきだし、小屋に拘りがないのなら大きな小屋(謎)でやってもらいたいと思う。人気のある人たちなんだからさ。

深夜のデジタル

[image] 砂原良徳ベスト盤ジャケット
まりんの作品集「WORKS '95-'05」。何枚かは既に持っているのだけど、全部は持っていなかったのだよなぁ、というところに来ての編集盤ということで早速に購入。いや、よいですわ。高揚しつつも気怠い感じが美しいです。ちゃんとしたスピーカで聴きたいアルバム。

相変わらずゲーム0本で長期休暇中の我が家のPS3ですが、本日、システムソフトウェアが1.60となり、Folding@homeの提供が開始されました。遂にCellの本領発揮とばかりに演算中です。よかったね、PS3。Core Duoとか目じゃありません。

片やWiiはというと、Opera正式版の提供が4月に延期となりました。その代わり、起動の高速化やUIの改善など、思ったよりも機能強化されるもよう。ようやくmixiにも対応。

引き続き、頭痛中ナリ。

かふん

昼過ぎ、歌舞伎町に出向いたものの空振りに終わり、返す刀で成城学園に向かい事なきを得る。帰宅したのちは、明日の準備をしつつ、読書などをして過ごす。なぜか新書を読むことが多いのだけど、薄い文庫が一番しっくりと来る。厚み、重さ、ページを捲る負荷、1ページにおける文字の比率のバランスがちょうど良い。文庫だけで本棚を一杯にしたいと昔から思っているのだけど、なぜかそうはならない。なぜだ。そうこうしていると急に荒井由美が聴きたくなり、ルージュの伝言とかやさしさに包まれたらとかを聴く。と、さらに聴きたい度が高まってきたので、衝動的にベスト盤をAmazonで注文。店に出向かなくても衝動買いできるところがネット社会最大の問題ではないかと思う。いや思わない。届くのは来週の見込み。花粉の所為か頭痛が続く。

物欲

NINTENDO DS INSIDEより。
この DS Lite ケース欲しい。でも高い。うーむ。

週末日記

[photo] 記念Suicaと記念PASMO土曜日。新宿THEATER/TOPSにてU-1グランプリの「CASE01 取調室」を観劇。久々のコント。ジョビジョバ休止後のマギー氏にとって最初のライブということで喜び勇んで観に行って、こちらの心構えを上回るパフォーマンスにいと満足。本が上手い人の作品はやはり安定している。高い次元で。その後、久しぶりの友人と合流して森博嗣談義など。早めに就寝。

日曜日。9時前に渋谷に向かい記念パスモと記念スイカを無事攻略。我ながらうまい時間配分で行けたと自画自賛。昼前に一旦、自宅に戻り準備をしたのち、改めて渋谷で某プロジェクトのミーティング。予想よりボリュームが増えたものの着地点は見えた気がする。あとは進めるだけ。進められるか……。

今はただ落ち着いて過ごしていたいと、それだけを思います。

「ろ」と「る」

[photo] 「る」の文字を書いたところひらがなの「ろ」と「る」が苦手だ。特に「ろ」は、書くときに一呼吸おいてしまう(緊張で)。それに比べると「る」は最後にくるっとするお陰で、まだ収まりがよいのか安心する。しかし、安心したのも束の間、紙の上にはこんな形状の図形が残るのみだ。なんだこれ。

おかえり

[photo] キリンジ兄弟と鈴木亜美お互いソロであるにも関わらずキリンジ路線を踏襲しすぎたせいか、再合流後の「Dodecagon」ではアクの強さが影を潜め、耳障りが良すぎて印象にあまり残らなくなってしまったキリンジ兄弟ですが、やられた。このアーティスト(風)写真を見た瞬間、「おかえり」と思ってしまって苦笑。いいなあ。おかえり。

企画としては、鈴木亜美が兄弟の妹として参加、ということらしいです。作詞:兄、作曲:弟、唄:妹の役割分担で、まあ正直兄弟に唄って欲しいのですが、企画モノですからね。歌詞はこのあたりで。

鳥女

「凶鳥の如き忌むもの」読了。いわゆる孤島もの。全体的に粗さが気になったが、ただ一点において完敗(褒め言葉)。そう来るか。ぞくぞく。

花粉症と水漏れ

[photo] 三島から眺める富士山数日前から強めの症状が出ているので昨年に引き続き小青竜湯の服用を開始。今のところ小康状態を保っている様子。そして、全く関係ないながらも、やはり数日前から、浴室床のタイルが乾かないな、湿度が上がってきたからかな?とか呑気に考えていたら、実は水漏れしていることに昨夜ようやく気づく。で、今朝、不動産屋に連絡を入れる。「今から行きますよ」「あ、でもすぐに出てしまうのです」「もしよろしければ留守の間に伺って直しておきますが」。お、そう来たか。そこは男のひとり住まい。おやじさんが良い人なのは知っているので、お願いして出掛けて夜帰宅したら無事直っていた。持つべき物は良い不動産屋だ。写真は富士山(体言止め)。

おとなを、休む日

意外なところで菊地氏を発見。ただ、内容はわりとよく見る感じかな。

サイケデリック万葉

全体としておしゃれ、キュートという中において、Hazal Nuts Chocolateの新曲 "Jenny's Discothequa"はぶっ飛んでいた。ひとりだけ自由度が高い。ほか、エイプリルズ、Melting Holidays、Sucrette、Rita Iotaあたりが好印象。しかしいま、ディスコが来てるのか。「my charm #11」より。

ポップ繋がりで、大塚さんが紹介していた「Gorgeous Tiny Chicken Machine Show (Episode 1)」が良かった。気狂いたっぷり。ほかのエピソードも見たいなあ。

土曜日夕方

[photo] 3色の歯ブラシ相も変わらず怠惰な土曜日。渋谷で歯ブラシ3本を大人買い(違)して、書店で工場な本を買い、新宿に移動して、何年振りかで伊勢丹に寄ってから帰宅。

ベンチが欲しくて探しています。といってもそれほど大きくないもの。調べたら、ベンチとは2人以上が座れる椅子のことらしいのだけど、そこまで大きくなくてもいい。なんだつまりベンチじゃないのか。とこのように言葉なんて簡単に取り違えてすり替わってしまうのだ。大袈裟に書いてみた。

新宿にて

[photo] 1日4日と読めるデジタル時計「1日4日」ってなんだろう。と5秒くらい悩む。

緑×桃

[image] Suicaペンギンの紛い物街で見かけた紛い物。コワ可愛い。ちなみに僕はViewSuica定期なのでPASMOは使いません。買いはしますけど。

SuicaとPASMO、どちらを使うか迷う奇特なマニア属性をお持ちの方はこちらなどが参考になるかと思います。

32B

[image] Tommy heavenly6のインナージャケットなんとはなく惰性と思いつきで買ったTommy heavenly6の新譜がなかなか良かった。元気にやってるなぁと。Wikipediaの「川瀬智子」の項で『しかし川瀬智子は最近のインタヴューでfebruary6とheavenly6の設定を人格ではややこしいので双子の姉妹に変えようかと迷っているのだとか。』というあたりがらしくて好きです。同い年の同じB型として応援してます。

春雷

夕方。今年初めてだかの雷鳴。これから多少の駆け引きをしつつも気温は上昇し続けるのかと思うと憂鬱であり、冬との別離は官能的でさえある。というような鼻持ちならないことを無性に書きたくなることが偶にある。むしろ洟が止まらない。
さて、今年も黒部の季節がやって参りました。

腑抜け

[image] 映画ポスターイメージ思えば会社の入っているビルの裏の海は、生理的に受け付けないタイプの海で、簡単に書けば「怖い」。今日、退社時は気圧と湿気と風のせいでとても潮臭かった。これは怖い。想像力を掻き立てる類の恐怖だ。そそくさと帰路につきつつ、話題を変える。

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」が初夏ロードショー。自信過剰な姉:佐藤江梨子、観察する妹:佐津川愛美、抑圧された兄:永瀬正敏、天真爛漫な兄嫁:永作博美。吉本さんも出演するそうで、これは是非観に行きたい。上映は渋谷・シネマライズなど。

MacでFM放送をライブラリ化

Macで、エアチェックをする際の構成のメモ。
アナログチューナからラインでMacに取り込んでエンコード、という方法は前から存在しているものの、同期が面倒だったり、タイマー予約に制約があったりと、今ひとつ不便なところがある。ざっと調べたところ、Griffin TechnologyRadio SHARK 2という製品が価格、機能の面で良さそう。USB経由で取り込んで付属のアプリケーションから再生、録音が可能。タイマー録音にも対応している。AACでエンコードできるので、iTunesあたりに放り込めば
ただ、調べていくと受信感度があまり良くない、という話もあり、導入するかどうかは思案中。VHF(FM)アンテナ線が部屋まで来ている場合、これとVHF分波器を使うと改善されると思うのだけど、どうなのだろう。そのうち試してみよう。

Radio SHARK 2をインターネット経由で制御できるアプリケーションも。

王子様あるいは雛祭り

[photo] 王子駅での都電3週連続の観劇。本日は王子小劇場にて、経済とH「なまけもの百科事典」。まああれだ、特に心に残るものはない。人形劇はちょっと面白いけど、全体的には散漫。田中さんはもう少し落ち着いた役で観てみたい。時間に余裕があったので都電に揺られて、大塚経由で帰宅。次週はおやすみで、今月はあと2回、来月は4回ほどの予定。

醤油とフィギュア

日本各地の商品を1個口から取り寄せできるサービスがセブン-イレブンで始まりました。醤油に味噌にマヨネーズなどなど。東京だと各地の物産品が手に入りやすい環境ではありますが、1個から注文できて店頭受け取りで送料無料というのがポイントだと思います。って、システム自体はセブンドリーム・ドットコムなのか。単価の安い商品も頼めますよってことですね。ちなみに目玉商品らしいぱんだっ茶は既に品切れ。

おでかけパノラマ

[photo] 竹芝桟橋のパノラマ
「住宅都市整理公団」別棟で見て、欲しくて欲しくて、つい買ってしまいました。Kodak V705。だってすごくお手軽にパノラマ合成写真が撮れるのだもの。デュアルレンズだとかフォト共有だとかそんなものはこの際どうでもよくて、ただひたすらにパノラマ一点勝負。とりあえずパチリと1枚撮って、右(もしくは左)にパンしてモニタに表示されるガイドに合わせてもう1枚。そしてさらにもう1枚。するとジーってカメラが考え込んで、しばらく待つと合成写真のできあがり。単に3枚横につなぎ合わせるだけではない、結構手の込んだ合成具合を見るに付け、なかなか賢い仕事をする奴であります。お値段の割に安っぽいだとか、ホールドしづらいだとか、そんな心ないことは云わないよ。心の中では思うけど。あ、23mmっていうのは使いがいがありますね。持ち歩き広角カメラとして頑張っていただこうと思います。
ちなみに写真はクリックすると大きくなりますよ。