home
prev next

オペレッタとロリータ

昨年より心待ちにしていた演劇ぶっく社20周年記念公演「レミゼラブ・ル」を観劇しに歌舞伎町に出掛ける。この芝居は、ル・歌舞伎町という街が舞台のオペレッタ。役者の数が半端でない。高木さん相変わらず。吉本さんかわいい。辻さんイカ。そのほか、書きたいことはいくつかあれど、明日のチケットもあるので今日はここまで。

純度の高い透明な視覚風景と心象風景が収まる「エコール」のDVDが届いたので、部屋を暗くして静かに流しながら眠りに落ちています。音楽も良いけれど、それにも増して音が素敵で、扉を解錠する硬質な音と夜の森に一列に並ぶ外灯の点灯する音、そして響き渡る地響きのような騒音が深みを増幅。純粋世界と見せかけて、ギミックの多い高趣味性映画と云えよう(賛辞)。

comment

name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


Type the characters you see in the picture above.


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/2866