home
prev next

森見登美彦論(嘘)

モリミーの本は、と書くとなんだかモリゾーの絵本みたいだ。微笑ましい。いきなり話が逸れたが、氏の本の話である。通常、小説であれ、随筆であれ、書物はその内容が読者の興味の主対象となるわけで、小説の場合「物語」がそれにあたる。つまり、物語が評価対象となるわけだ(この場合の評価とは、面白い、とか、くだらない、といった類のものである)。しかし、氏の場合、物語としてより「小説」として評価される比率が高い気がする。何が違うのかはよくわからない。違わないのかも知れない。ただ、氏の小説を読むにつけ、それが小説であることが強く意識される。「ああ、小説を読んでいるんだな」と思うわけである。当たり前な話で申し訳ない。簡単に云ってしまうと、メタ的な構成になっているのが作り物っぽくて小説らしい、と思うのだろう。始めからそう書けばよかった。作り物だからといって侮るなかれ、とびきり上質な作り物なので、安心して身を預けるのが素直な心というものであろう。そもそも世の中すべてが作り物である。そんな中、氏は小説を小説として自覚的に構築して作品に昇華させているのである。ここまで勢いで書いたが、実際のことはよく知らないので、実は鼻歌交じりに適当に書いているのかも知れない。少なくともそのように取られかねないところがそこかしこにあるのは事実である。その真相や如何に。続かず。

と、以前書いて放ったらかしていたエントリがあったので放出。読み返してみて、そうとも限らないだろう、とも思ったが、何となく面白かったので編集せず此処に全文を掲載する。とか書くと大層な文章っぽいがそんなことはないと断言しておく。

comment

That iinsght would have saved us a lot of effort early on.

Conyers 12-10-21 Sun 11:44

kI6tz4 spboqzuxsugj

bjutxqitxv 12-10-22 Mon 03:04

X76Bhd croljtvqjikm

nqfgmuvw 12-10-24 Wed 01:47

To help in the fight, she points to an website by the federal environmental protection agency with a fill in area to determine what insecticides to use
Vacaville Coach Outlet

Vacaville Coach Outlet 14-10-12 Sun 23:17
name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


Type the characters you see in the picture above.


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/2958

連日連夜の高温から抜けだし、俄に過ごしやすいという声を聞くけれど、いやいやまだ暑...