home
prev next

重厚長大

先日、個人的に大いに盛り上がり祝杯をあげた佐久間ダムであるが、おそらくは同内容と思われるDVDが8月に発売される。なんて素敵な世の中。これほどまでにマイノリティに優しい時代はなかったと思う。マイナー万歳。ちなみに佐久間ダムの建設記録は、電源開発が企画したものと、施工担当の間組が企画したものがあるそうで、今回のはおそらく電源開発のもの。間組版は技術・工法にフォーカスしているとのことなので、こちらも是非とも観てみたいものである。だ・である調にまだ慣れない。

ところでこのDVD、「重厚長大・昭和のビッグプロジェクト」というシリーズタイトルのようで、これは如何なものか、そもそもそのマーケティングは間違っていないか、と心配してしまう。東京タワーだとかYS-11だとか、なぜそんなに極小で矮小なポイントを攻めてくるのか理解に苦しむ。ずばり、欲しい。秋には青函トンネルも出るんだそうな。困った。実に困った。

廃墟、団地、工場、ダムときて、遂に重厚長大ブームが到来してしまったらしい。悪夢である。こうなった以上、この一覧を眺め、来るべき熱狂を想像するのが正しい道であろう。

追記 070827
上記の佐久間ダム建設記録DVDは、間組版であることが判明。電源開発版とは異なるので注意されたし。

comment

name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


画像の中に見える文字を入力してください。


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/2951