home
prev next

めがね

新宿にて「めがね」を観る。とてもよかった。それだけでいい気がするけど、悲しいかなもう少しだけ書いてしまう。

ひと言で云うと小林聡美がとびきりキュートなのにやられる。なんて42歳。これでもかと繰り返される艶めかしすぎる寝起き顔とかいいのでしょうか(何が)。もうそこだけでおなかいっぱいの中、彩り豊かなごはんのシーンが続く。目に美しい主食に主菜に副菜の食卓がどれもこれも美味しそうで身悶えする。特保推薦映画か。メルシー体操、自転車、梅干し、かき氷、しかもあずきのみ! 黄昏れの島で起こる、あるいは起こらない、ふわっとして、でも足取りは確かで続いていく、そういう話。ラストは大貫さんの唄。気持ちよく席を立てる。そういう映画。

光石さんのセリフ。「ただ時間が過ぎるのを待つ」という言葉に納得と憧れと諦め。

映画「めがね」 (テアトルタイムズスクエア)
脚本・監督:荻上直子
出演:小林聡美、市川実日子、加瀬亮、光石研、もたいまさこ ほか

comment

僕も初日に見てきました。
前作以上にふわっとして、ただただいいもの見た実感が漂い続けて、いいまだにホカホカしています。

余談ですが、池袋イルムスに、劇中の食器を集めたコーナーがあります。もちろんあの海辺の小屋のカキ氷器も。

ryutam 07-09-24 Mon 20:33

あ、そんなのやってるんですね。
しかしそれにしてもよい映画でした。また観に行きたい。

kentas 07-09-26 Wed 01:44

Mighty useful. Make no msitkae, I appreciate it.

Surendra 12-08-09 Thu 10:04

VbXmyY jxcprxrjftzx

lhvamdk 12-08-09 Thu 17:02

Ridiculous story there. What happened after? Thanks!

oakley fuel cell polarized 13-05-30 Thu 12:06
name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


Type the characters you see in the picture above.


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/2994

(07年9月鑑賞)KBCシネマ 「『かもめ食堂』ファンは必見。『淡々』とか『のんびり』とか、そんな映画が好きな人に向いて...