home
prev next

紗央里ちゃんの家

「紗央里ちゃんの家」が気持ち悪い。描写ではなくて文章が気持ち悪い。
ジャンルでいえばホラー。グロテスクな表現がある。人によっては不快だろう。しかしそれ自体は大したことはない。それよりもそれ以外のことが気持ち悪い。その意味では新しい視点によって作られていると思う。その視点が面白い。

久しぶりに叔母の家を訪れた小学五年生の僕と父親。迎える血塗れの叔母。嗚咽する叔父。いつの間にか亡くなったらしい祖母。いなくなった従姉の紗央里ちゃん。洗面所の床から見つかる干からびた指。

comment

name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


画像の中に見える文字を入力してください。


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/3015