home
prev next

拗くれ

電車の中で読む本が切れたので、何かないかなと探していて、先日観た五反田団つながりの本を読む。表紙カバーというかオビをコピペ。

青春とか愛とか、さして中身のない言葉はいらない。誰かに愛されているのか、誰を愛しているのかだってわからない。旅立つこともない。僕は毎日自分のふつうの日常を散歩しているだけ。だから、歩くための道はあったほうがいい。時間も空も、足も。誰かのために歩いているわけじゃないけど。日常はそれなりに幸福で、それなりに不幸だし。今もどこかで誰かが死んでいて、どこかで誰かが生まれている。そしてすべての人は生を死に続けている。それにいちいち涙は流さない。ただ食べて、出して、オイシイとかマズイとか言いながら。僕は何者でここはいったいどこなのか?まあどうでもいいんだけど。リアルなことはあるとは思うけど。リアルな……たぶん、この小説は。僕らの時代の現実は、そう簡単には……。

非常なる居心地の悪さを感じつつも、でもそこに居るのだよね、というようなそんな感じ。特別面白いとは思わないけど、好きかも知れない。

comment

Wow, your post makes mine look feelbe. More power to you!

Beatrice 12-02-02 Thu 03:51

3Y7RoX sjrvlmlauzak

gstvlnc 12-02-03 Fri 18:02

W69ibQ kgfknnnjsqfz

ecribh 12-02-04 Sat 18:02
name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


Type the characters you see in the picture above.


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/3029