home
prev next

恋愛と北区

どうも同じ作家の本をまとめて読む傾向があり、引き続き、前田司郎の「恋愛の解体と北区の滅亡」を読了。ほぼ独白だけで物語が進行する。と書くと高難解な小説と捉えられるかも知れないが、大半はサドとマゾの話であると云っても過言ではない。重厚ではなく軽薄もしくは脱力。非現実的側面もありつつその実、極めて現実的というシュールリアリズムの極北である。嘘ですが。併載の短篇「ウンコに代わる次世代排泄物ファナモ」もなかなか。

comment

You can certainly see your skills within the work you write. The world hopes for even more passionate writers such as you who are not afraid to say how they believe. At all times follow your heart.

name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


Type the characters you see in the picture above.


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/3034