home
prev next

果汁 20% オレンジ

ふたつ隣の町まで歩いて青年団の「火宅か修羅か」を観劇。少し草臥れた風の旅館のロビーを舞台とした一幕もの。本多劇場から一転して小さな小屋での静かな時間の流れに浸る90分。廊下を歩く足音、湯飲みから立ち上がる湯気、無音。今年最後の観劇に相応しい綺麗で慎ましい芝居だった。めずらしく年を跨いで14日まで、駒場にて。

青年団「火宅か修羅か」 (アゴラ劇場)
作・演出:平田オリザ
出演:山村崇子、志賀廣太郎、兵藤公美、島田曜蔵、高橋縁、能島瑞穂、しんそげ、古屋隆太、鈴木智香子、古舘寛治、井上三奈子、大竹直、山本雅幸、荻野友里、堀夏子、村田牧子

comment

name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


画像の中に見える文字を入力してください。


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/3064

井の頭線と中央緩行線を乗り継いで、三鷹駅南口5番のりばから鷹56系統のバスに乗る...