home
prev next

傾きの理由

ナイロン100℃「わが闇」のマチネを観劇。例によって休憩有りの3時間超。初夏の「犬は鎖につなぐべからず」も笑いは控えめだったはずだけど、豊かな華やかさがあった。新作の今回はそれにも増しての温度低め、灯りも暗めの舞台。決して煌びやかではなく、必ずしも痛快だったり、愉快だったりするものでもない。じわっと滲み出て、鈍く輝く。素晴らしいと思った。

舞台上で行われるすべてにおいて、演劇のポテンシャルを身をもって体現したと思う。云うなれば演劇の底力。やればここまでできるということを、派手さで誤魔化さず、着実に誠実に取り組み、そして証明している。余計なことは考えずに観るのがよいと思う。東京は30日まで。平日あるいは当日券ならまだ機会有り。

ナイロン100℃「わが闇」 (本多劇場)
作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:犬山イヌコ、みのすけ、峯村リエ、三宅弘城、大倉孝二、松永玲子、長田奈麻、廣川三憲、喜安浩平、吉増裕士、皆戸麻衣/岡田義徳、坂井真紀、長谷川朝晴

comment

Begun, the great inetrent education has.

Rana 13-01-19 Sat 10:34

Begun, the great inertnet education has.

Carlos 13-01-19 Sat 10:35

FWdVgz ncuhyqemhsgt

shvcsdtkk 13-01-20 Sun 10:31

iRTGy4 cjlqslbvuopx

wnnbgbm 13-01-21 Mon 13:04
name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


Type the characters you see in the picture above.


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/3052