home
prev next

未来マシン

話題沸騰入手困難と思いきやそうでもないような魔法箱ですが、いかがお過ごしですか。と適当に書き始めましたが、世間のそこかしこで設定の難解さに苦悶の表情を浮かべる魔法使いが頻出しているらしいです。だがしかし、ちらほらと有志たちが解説をネットに上げつつあるので、次第に解決に向かうでしょう。探す気力さえあれば。なので、そういうことは書きません。だって面倒なんだもの。ただひとつささやかながらも助言的な声を掛けるとすれば、汝、ケータイだと思いて買うなかれ。絵文字も非通知着信拒否もできないよ。電話するならケータイの方が高機能です。少なくとも今のところは。

で、購入の顛末は大して意味もなく長々と書いてしまったので、使い心地などを書いてエントリ数を稼いでみようかと思ったのですが、そういうものはもっと使ってから書くものだよ、ジェームズくん。という声が頭をよぎったので、書くことがなくなりました。おわり。

と書きつつ続きますが、ひとまず何が便利になって、何がそうでもないのかを探りたいと思うので、できることをいろいろやってみることにしました。ただし、闇雲にやっても計測が難しいので解決したい課題を明確にします。与件の整理という奴ですね。あまり聞きたい言葉ではありませんけど。

まず、メールです。これまで自宅でpop、自宅以外ではgmailという使い分けをしてきたのですが、メールクライアントごとに同じメールを何度も読んでは整理するのが面倒で、これを何とかしたいと思います。加えて、以前からToDo管理をGoogle Calendarでやっているので、これの同期も簡単にしたい。今までは、出先で思いつくことがあると、ひとまずケータイから自分宛にメールを飛ばして、帰宅後にGoogle Calendarに登録する、という2段階登録方式を採用していました。

つまり、メールとカレンダーの同期、というのが現時点における課題であることがわかりました。面倒になってきたので現時点での対処策を列挙してみます。

  • 自宅のメールクライアントをpopではなくimapにする。
  • 主要なメールアカウントをgmailに集結させる。
  • iPhoneからgmailを送受信できるようにする。

これで、メールについてはほぼ解決です。自宅であれ、外出先であれ、gmailさえ稼働していれば、未読/既読の管理や、フォルダ分け(正確にはラベル分け)が同期されるので、同じメールを何度も整理するということがなくなりました。結果としてメールを見る時間が節約され、読むものがなくなり、こんなにメール来なかったっけ? などと思う始末です。

続いて、カレンダー。

  • MacのiCalとGoogle CalendarをgSyncを使って同期させる。
  • MobileMe経由でiCalとiPhoneを同期させる。
  • iPhoneのカレンダーアプリを使う。

以上。MobileMeを使わなくても、USB経由で同期できますが、それだと外出先では同期できないですし、ワイヤレスでいつでも同期、というのがもうワクワクするじゃないですか。あるいはドキドキものです。Macを介しているので、Macを定期的に立ち上げないと、同期が完遂しませんが、まあ現在の運用状況を鑑みるに問題ないでしょう。ところでそもそも、iPhoneで直接、Google Calendar使えばいいじゃないのかね君、という話もありますが、折角、純正の専用アプリが付いているのだから、使いたいというのがマカーの心意気というものではないでしょうか。そうでもない気がしてきました。

gSyncもMobileMeも有料なのが玉に瑕というか最大の問題点ですが、未来生活を検証するためには必要な投資なのです。と言い切って押し切ってみました。あと、某所で話題のPlaxoを使うという手もありますが、第三者サーバにGoogleアカウントを教える、というのが心情的にどうしても抵抗があります。Googleアカウントってかなり重要なIDの割に、いろいろなサービスで平気で入力を促されるのが不思議。ちなみに、gSyncの代わりにSpanning Syncでも同期できますが、こちらも第三者サーバにGoogleアカウントが送信されるのでちょっと気になります(gSyncは第三者サーバを介さないことをウリにしているようです。まあ本当のところはどうなのかわかりませんけどね)。

ということで、当初の課題はほぼ解決されたように思えます。思えるだけでまだ運用が本格化していないので、落とし穴があるかも知れませんが、そういうことも含めて、何が変わって、何が変わらないのかを、じっくりと体験していきたいと思います。そのためのマシンだもの。

comment

Cars and houses are quite expensive and not every person is able to buy it. However, business loans was created to aid different people in such situations.

Aisha28Sykes 11-07-07 Thu 14:29
name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


Type the characters you see in the picture above.


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/3176