home
prev next

祝祭による救済

先日、愛蔵版を買ってほったらかしていたフェデリコ・フェリーニの 8 1/2 を観た。映像と音楽と台詞。ただそれだけ。映画に限らず、古典を今さらに鑑賞する利点は、その時代的価値を飛び越えて、当時とは違う価値観の下に、無責任に批評できることだと思うけど、その意味で、斬新で洗練、そして自由。ラストシーンはインランド・エンパイアのラストを思い起こしひどく救われる。ほら、こういうところが無責任。

映画「8 1/2」 (1963年)
監督:フェデリコ・フェリーニ
脚本:フェデリコ・フェリーニ、トゥリオ・ピネッリ、エンニオ・フライアーノ、ブルネッロ・ロンディ
音楽:ニーノ・ロータ
出演:マルチェロ・マストロヤンニ、アヌーク・エーメ、クラウディア・カルディナーレ ほか

comment

Cheers pal. I do aprpceiate the writing.

Deon 12-10-21 Sun 03:04

I'm not eaisly impressed. . . but that's impressing me! :)

Eddi 12-10-22 Mon 19:42

kuCeio wkdhvoplkfcu

rugmvkwzl 12-10-23 Tue 23:26

M0PkZ7 xlpiljmhwlpx

qhydvrv 12-10-24 Wed 11:39

c

Michael Kors Cheap 14-09-18 Thu 20:07
name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


Type the characters you see in the picture above.


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/3170