home
prev next

魔法箱騒動顛末

何となくの浮かれ加減が心地よい気がして、特に考えのないままに終電1本前の大江戸線から半蔵門線、千代田線と乗り継いで明治神宮前駅に着いたのが0時44分。ラフォーレ側から地上に出て、原宿駅方面に表参道を歩いていくと明らかに異質な雰囲気で、歩道に展開して野営する人々と店外広告の設置工事をする人々とマスコミな人々が集結していました。うんうん、浮かれてますなあ。よきかなよきかな。などと思いながらも無表情で状況視察です。300人は居るだろうと睨んでいましたが、原宿駅まで到達したところで、歩道橋を越えて道の反対側に移り、そのまま渋谷方面にフェードアウトしていく群衆を見たところで心が折れたので、もとい、満足したのでいったん帰宅することにしました。がんばれ若者。若者じゃない人もがんばれ。

この時点で、金土日に分散して販売されるらしいことはわかっていたので、土曜に並べば買えるんじゃないかしらん。などという緩い計画を巡らせながらの計画的撤退です。最小の労力で最大のリターンを狙うのが年の功というものなのだよ。と人気のない代々木公園付近を歩きながら考え、そろそろタクシーに乗って帰ろうと思うもタクシーがつかまらず、まあもうちょっと歩こうと思っていたら家まで歩いてしまったというのは完全に蛇足です。最大の労力で最小のリターン。

まあしかしどんなもんでっしゃろな? と主に2ch方面で情報収集をしていたら、ゴキブリホイホイの如く表参道に群衆が集結し、その他は閑古鳥(当社比)の様相を呈していることがわかったので、方針を翻し、朝から急襲を掛けることに変更。このような臨機応変な対応が生き馬の目を抜く現代社会では必要とされるのです。1時間ほどの睡眠を経て、カラスと朽ち果てた若者しか居ない街を抜け、4時55分の始発で目指すはメガロポリス・秋葉原。早朝なので鈍行しか走らない中央線を駆け抜け、改札口を出てみると目論見通りの3モデル在庫あり。当日分170、週末合計500程度に対して終電終了時点で100人程度の集結度合いから判断して朝でも大丈夫だろう、そうだろうたぶん、きっと間に合う、ダメなら帰ってふて寝しよう、などと考えていましたが救われました。ありがとう神様。結果として土日分でもよければ、7時台でも間に合ったらしいです。告知通りに8時半から整理券の配布が始まり、31番を確保。これでひとまず解散となります。おつかれさま、自分。

さて、いちおう社会人ですので、仕事をしなければなりません。中途半端に時間が余ったので、東京駅まで移動して、歩いて客先まで移動してみます。通勤で東京駅という経験はいままでほとんどないので新鮮。おお、これが夢にまで見た丸の内生活であるか! 降りたのは八重洲ですが。ついでにそんな夢は生まれてこの方見たことがありません。

ずんずんとまっすぐ歩いていたのですが、ひとつだけ気になることがありました。頭脳戦(体力戦ではないかという疑惑もあるようです)に勝利して獲得した整理券には、「14時〜16時の受付時間に来てね。遅れたら権利消滅するかも」という旨が記載されています。なんだその強引さと曖昧さは。世の社会人の大半はその時間働いているのだよ。という声など聞く耳持たないほどのビッグウェーブなのだ、パラダイムシフトだよジェームズくん、これは。とよくわからない勢いで自分を納得させ、対応策を考えます。何事も冷静でなければいけません。どうやら表参道の総本山以外は入荷数は少ないながらも、それ以上に集結率が低いらしいので、某水天宮店に行ってみることにしました。件の整理券のように受付時間に制限があるのは、手続きに時間が掛かるための負荷分散であることは明確なので、小さな販売店の場合、そんな制限はなく、いつでもオッケーよ(はあと)となることが十二分に想像されます。これはアタックあるのみ。で、歩くこと30分。当然シャッターはまだ降りている訳ですが、張り紙には「予約でいっぱいです。並んでも売るものないよ(はあと)」という旨のことが書かれていました。はあと、は付け足しました。玉砕です。仕方がないので手元の整理券で戦い抜くしかありません。10時から会議なので、気持ちを切り替えて仕事をすることにします。ところで、昨夜から矢鱈と歩いている気がします。並ぶことがメインだと思っていたのですが、歩くことがメインでした。このように緻密な計画を立てても往々にして予期せぬことが起こり、人は疲弊していくのです。無計画な訳ではありません。決して。ねえ。

いつまでも混乱が続く訳ではありません。いずれ陽は昇り、すべては太平の世となり終息の時を迎えるのです。その後のことを簡単にまとめると、15時に会議終了、15時半に秋葉原に戻り、16時過ぎには手続き完了、帰社。という流れでとんとんと進みました。USIM何処から差すの? メール受信しないんだけど? 電波弱い。などということはまた別のお話。

なんだかえらく長文になってしまったので、読み飛ばし推奨です。最後に書くあたりに悪意があるように見えますが、他意はありません。たぶん。

comment

Well put, sir, well put. I'll creaintly make note of that.

Ahmed 12-10-20 Sat 16:18

zysQr1 jmihbiwvodbn

stynjgl 12-10-23 Tue 03:06
name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


Type the characters you see in the picture above.


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/3174

話題沸騰入手困難と思いきやそうでもないような魔法箱ですが、いかがお過ごしですか。...