home
prev next

391分

ずっと前に買っておいて、いつ観ようかいつ観ようかと楽しみを先延ばしにしつつ、3時間は長いからねと先送りにしていた「消失」のDVD。「シャープさんフラットさん」の余勢を駆って、今が頃合いか!と本編167分とメイキング57分とオーディオコメンタリー167分を一気に観て死ぬ。

大所帯の「シャープさんフラットさん」からがらりと変わって6人の役者による贅沢な舞台。前評判がとても良くて、だから安心して観ていたというのもあるのだけれど、純粋でまっすぐな6人の登場人物たちがとても愛おしくて、とてもぐっと来て困った。なにより寝るタイミングを逸して困った。コメンタリーの馬鹿馬鹿しい話が、なおさらに愛おしさを際立たせてきらきらする。誤用な気がするけど、まあとにかく良かった。きらきら良かった。あー劇場で観たかったなあ。コメンタリーで、いつか再演したいと言っていた言葉を信じて待ちたい。

ところで、「シャープさんフラットさん」のパンフレットは、15周年のアニバーサリーということで豪華2冊組。ずっしりと読み応えがあるが、一部ネタバレが含まれているので、観劇後の精読をおすすめする。なお、廣川さんのカットがいやに格好良くて笑える。笑わすものではない、ということも含めて良いカット。

ナイロン100℃「消失」 (2004年)
作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:犬山イヌコ、みのすけ、三宅弘城、大倉孝二、松永玲子/八嶋智人

comment

name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


Type the characters you see in the picture above.


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/3230