home
prev next

昨今の音楽趣味雑感

いつの間にか中国に行ってしまった川島蹴太がまさかの復活というか、そもそもまさかというほどの驚きを伴って迎えられるほどの認知はきっとないだろうと思われるテトラプルトラップの新譜が「淋しい熱帯魚」だなんて、もう狙いなのか、天然なのかはどうでもよくて、こういう人を食った言動の憎々しさと痛快さが、チクチクとした胸の痛みとともに単純に面白い。ちなみに「淋しい熱帯魚」は紛れもなくWinkのカバー。1989年。

ナイーヴポップ・オア・プチフールの「アイ・ラブ・エヌ・ピー」は、根尾亜子、って誰だ、ネオアコ全開で、あまりに胸キュン過ぎて胸焼けする感じがとても好感が持てます。今時誰が聴くんだよ、なんて言わないで聴きたい人だけ聴けばいい。聴きたくない人は聴かなければ知らずに済んでそれもハッピー。手作り手ぬぐいジャケットにライナーノーツと元ネタガイドまで付く悪趣味ぶりにニタニタしながら、こういうチープと過剰の混沌みたいなものの行く末に思いをはせる、なんて出鱈目なことを思ったりした。いや、しない。

フリッパーズ・ギターやピチカート・ファイヴなどへの懐古でもなく、小沢健二や曽我部恵一らへの憧憬でもなく、それらへのアンチとしてのカプセルやプラスティック・スクイーズ・ボックスでもなく、純粋に好きなことをやっているだけ、みたいな姿勢は、まったくの時代錯誤で時流に乗り遅れた純然たるダサさを遺憾なく発揮しながら、ゴーイングマイウェイで「それが何か?」とひとこと言って、さっさと行ってしまう、そういう痛快さが何より格好いいと思う。実際のところは知りませんけどね。

それとこれとはまったく関係がなく、ずっと前に買って塩漬けにしていた「鉄コン筋クリート」が奇跡的に発掘されたので観る。浅いんだか深いんだかよくわからないストーリーも良かったり悪かったりするけど、それより何より絵がすごい。とても自由で潔く、観ていて気持ちがいい。今さらこんな感想を書くくらいの自由さがとてもとても大切。自由であるべきは環境ではなく思考なのだ。

comment

name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


Type the characters you see in the picture above.


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/3248