home  

candylogue

January 2009March 2009

February 2009

そういえば、今年は花粉が多いらしいけど、そうでもないというか、むしろ年中鼻炎っぽくなってしまったので気にならない。むしろ今は風邪を避けることに注力していて、冷や冷やしながら過ごしています。どうでもいいことを書きましたが、そろそろ2月も終わりますね。

memo 090217

イスラエルにおける村上春樹のスピーチ抄訳。

計画

計画的な断水と停電が立て続けに起こる状況のなか、暖かくなったり寒くなったりして困ったなあ、というかそれほど困ってはいなかったりして、でも時間はところ構わず進んでいってたまに振り返ったりすると、ずいぶん遠くまで来ちゃったものだねえ、とか思ってしまったりすることも強ち否定できないわけでもないかも知れない。遠くまで来たのは遠くまで来たかったからで、それはまったく計画通りで予想外のことなんてこれっぽっちもない。もっと遠くまで行きたいと思うけど、どこまで行っても自分の手の届くところにはずっと気を配って大切にしていきたいと思う。

愛しの野方

青山円形で「その夜明け、嘘」を観る。好きな作家と好きな役者の組み合わせということで期待が空回りするかもね、という心配通りの展開に序盤焦るも中盤からはそんな空気にも馴染んで集中する。面白かった。想像していた内容と違ったのだけど、思えば福原充則なんだからこうなるかな、と。あと、野方という土地に愛着を持ちました。

「その夜明け、嘘。」 (青山円形劇場)
作・演出:福原充則
出演:宮﨑あおい、吉本菜穗子、六角精児