home
prev next

散歩する侵略者

前川知大の「散歩する侵略者」を読了。以前観てとても良かったイキウメ・前川知大の処女小説で、イキウメ作品同様、日常と非日常を行き来しながら、ゆらゆらと切迫感乏しく、でも確実にズレながら深みにはまっていく感覚がある。

物語は縁日の金魚から始まり、タイトルにある通り「侵略者」が現れ、夫婦や家族や、あるいは何かが、少しずつ壊れていく。でも圧倒的な崩壊や終末はなかなか訪れず、あくまで緩やかに壊れていく。そしてやがて訪れたその時に何が壊れ何が残るのか。そういう物語。

comment

name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


Type the characters you see in the picture above.


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/3284