home
prev next

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

村上春樹の「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」を読了。なぜか読み残していて、折角だから短篇なんかをあらかた片付けてから取りかかろうと、ずっと温存していた最後の長篇に満を持して取り組む。思えば僕にとっては「国境の南、太陽の西」以来の長篇、と思ったけれどこれは村上春樹作品としては中篇のような気がするので、真の長篇としては「海辺のカフカ」以来かな。読む順番が滅茶苦茶だけど、そういうことはもうどうでもいい。少なくとも読書においては遅い人ほど自由なのだ。

最後に読んだことが多分に影響していると思うけど、いちばん良かったかも知れない。気のせいかも知れない。ひとことで言うとイカしている。そんな中で最も気に入ったのは次の一節。

「前よ」と彼女は言った。

世界はたしかに進化しているのだ。

ということで、次は「1Q84」ですね。

comment

Hey very cool web site!! Guy .. Beautiful .. Amazing .. I'll bookmark your web site and take the feeds additionally? I am satisfied to search out numerous helpful information right here within the submit, we need work out more strategies in this regard, thanks for sharing. . . . . .

name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


Type the characters you see in the picture above.


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/3293