home
prev next

神の子どもたちはみな踊る

村上春樹の「神の子どもたちはみな踊る」を読了。あいかわらず読む。ここのところ読んだ短篇集の中では最もふつうというか、読みやすい短篇集で、そのぶん不可解性やもやもや感は少なめ。短篇集を読む傍ら、ちょこちょこと読み進めている「少年カフカ」によると、当時における村上春樹文体の総決算として書かれているようなので、そういうことを念頭におきながら読むと印象深いかも、といいつつ、読んでいるときはそんなことは気にせず読んでいたので、そのうち思い出したら読み直してみたいと思う。「神の子どもたちはみな踊る」「タイランド」「かえるくん、東京を救う」「蜜蜂パイ」がとくに印象に残った。

comment

name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


Type the characters you see in the picture above.


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/3291