home
prev next

レキシントンの幽霊

村上春樹の「レキシントンの幽霊」を読了。以前、森博嗣が、良い短篇を書くことは良い長篇を書くことよりも数段難しい、というようなことを言っていた。細部は違っていたかも知れないが、ニュアンスとしてはそのようなことを言っていた気がする。勘違いかも知れない。それはともかく、というよりも、そもそも森博嗣を引き合いに出すまでもなく、優れた短篇小説は時として優れた長篇小説を凌駕することがある。あるいは凌駕しないこともある。大抵はそのどちらかである。

この本は良く精錬された短篇集であり、読むともやもやとする。その消化しづらい捕らえどころのないものは、嫌らしいものではなく、心地よくさえある。心の何処かにある、ごろっと静かに沈む何かを感じながら読み終えて、さてそうだね、などとつぶやいてから、夜のご飯のことでも考えてみたりする。「沈黙」「トニー滝谷」「七番目の男」が出色。

comment

name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


Type the characters you see in the picture above.


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/3288

村上春樹の「蛍・納屋を焼く・その他の短編」を読了。一編めの「螢」を、あれ、これ読...
レキシントンの幽霊 | candylogue