home
prev next

今更に1Q84の感想を書く間の悪さ

先々週くらいから村上春樹の1Q84をようやく読み始めて、読み終わる。村上春樹を文庫でしか知らない遅咲きの私としては初の新刊村上春樹なわけですが、はじめは期待値が高い分、あんまり面白くないなあ、でもまあ大丈夫なんじゃないの? などと思いながら読んでいました。で、読み終わってみると、いつの間にか面白かったなあに変わっていることに気づいたのですが、じゃあ何処が面白かったのかと考えてみると、よくわからない。よくわからないけど、きっと文章の削り出し方とか、計算尽くなのだろうけど、緩い感じの表現など、つまりライティングの技巧的な部分に感心しているのだと思い至る。そういう楽しみ方はマニアックな反面、よくある村上春樹的楽しみ方でもあり、それ自体にユニーク性はない。だけれども、興味深い表現を創出する傍らで、付随して生成される話の面白さ、表現が主で、話が従、みたいなものが村上春樹小説の神髄だなどと書いてみたりすると暴論だろうか。暴論ですね。すみません。えーと、なんだっけ。感想はというと、面白かったです。とても。

それと、前にも書いたけれど、この装丁は好きじゃない。いや、むしろ嫌いです。文庫が出たら買い直そうかしら。ハードカバーってかさばるけど、装丁やずっしりとしたところが素敵だったりする。でも、これにはそういう素敵さが見あたらないのだな。中身がいいのだからそれでいいじゃない。という意見に対しては、中身がよくて外見もいい方がいいに決まってるじゃないですか。と反論させていただいたところで終わります。あ、さらにずっと前から買ってあった村上ラヂオも余勢を駆って読了。これは面白い。文庫だということも含めてね。

comment

Time to face the music armed with this great inofmraiotn.

Simha 12-05-29 Tue 01:48

nNmxuM zyeyieoplfli

uukzltbzi 12-05-29 Tue 06:10

b0B1BJ ausggwppgfzz

ksxcqoksj 12-05-31 Thu 05:32

Online
Cheap Michael Kors Bags

Cheap Michael Kors Bags 14-09-20 Sat 00:37
name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


Type the characters you see in the picture above.


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/3349