home
prev next

秋、ナイロン、植木夏十

ナイロン秋公演のマチネを下北沢で観る。複数の話を入り乱れさせて、尚かつ、それを敢えて巧くひとつに収束させずにゴチャゴチャさせる、という脚本・演出もそうだし、中堅若手主体でドタバタやるというのもナイロンらしくなくて新鮮。面白かった。でもこれをナイロンで観なくてもいいかな、という思いはあるかも。あと例によって、植木夏十レポート。前回よりもさらに良くなっていてすごくいい。安定していてまったく不安がない。とくに人形劇のシーンは相当なものだった。さらにもっと重要な役どころで観てみたい。

ケラさん繋がりでいうと(植木夏十繋がりでもある)、年末の「東京月光魔曲」が楽しみ。岩井秀人も出るし。コクーン、あんまり好きじゃないけど観に行く。

ナイロン100℃「世田谷カフカ」 (本多劇場)
作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:三宅弘城、村岡希美、植木夏十、長田奈麻、廣川三憲、新谷真弓、安澤千草、藤田秀世、皆戸麻衣、喜安浩平、吉増裕士/杉山薫、眼鏡太郎、廻飛雄、柚木幹斗/猪岐英人、水野顕子、菊地明香、白石遥、野部友視、田村健太郎、斉木茉奈、田仲祐希、伊与顕二、森田完/中村靖目、横町慶子

comment

name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


Type the characters you see in the picture above.


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/3358