home  

candylogue

March 2010May 2010

April 2010

アゴラに行くといいよ

ことしは観劇日記は書いてなかったのだけど、久しぶりに駒場に出掛けて観た芝居がとても面白かったので書いておく。いまのところ今年イチ(あんまり観てないけど)。こんどのナイロンや本谷有希子は観に行かないつもりなのだけど、これは観ておいて良かったなあ、というデキ。いや比べる対象が違うでしょうが、僕の中ではフラットです。蘊蓄はさておいて目の前で役者が演じていること、その面白さが大切で愛おしい人は観に行くといいと思います。これまでのハイバイやらデスロックやら五反田団のエッセンスがうまく詰め込まれていて、でもぎゅうぎゅうな感じでもなく、隙だらけな風を装ってちゃんと持て成してくれるでしょう。岩井秀人作品。

青年団リンク 口語で古典「武蔵小金井四谷怪談」 (こまばアゴラ劇場)
同時上演:「落語 男の旅 大阪編」
作・演出:岩井秀人
出演:荻野友里、端田新菜、石橋亜希子、山内健司、古屋隆太、猪股俊明