home
prev next

Четвертый День (Пятница):階段を登ってさよならする

朝食

サンクトペテルブルク最後の朝食。アメリカンスタイルなのだけど、魚の酢漬けがあったり、ピロシキがあったりするのがオリジナル。あと、なぜか卵の黄身が白い。

イサーク大聖堂

おととい入れなかったイサーク大聖堂へ。厳かではあるのだけど、装飾などは宮殿のよう。

イサーク大聖堂の天井

中央に鳩?

展望台への階段

15分後くらいにタクシーが来てしまうのだけど、展望台があるので階段を登る。ちなみに階段の数字は残り段数。

展望台への階段

あと141段。

展望台への階段

ぐるりとらせん階段。

展望台への階段

やっと0段。

展望台への階段

と思ったらまだあった。

展望台からの眺望

ということで外の眺め。高層の建物がないので、街を一望できる。思った以上の眺めで階段を急いで登ってきた甲斐があった。
ところで、凱旋門とかもそうだったけど、低い柵だけしかなくて開放感満点。さすが海外。日本だったら天井までの柵で覆いそうだ。

展望台からの眺望

大ネヴァ川越しに見るヴァシリエフスキー島。時間の関係で今回は行かなかった。今回行かなかったということはもう行くことはないのかもしれないけど、そんな場所なんて日本ですら無数にあるから仕方ない。のだけど、そう思うとちょっと寂しいのはなぜだろう。

プルコヴォ空港

ということで、駆け足の空中散歩はおしまい。また階段を下りて、タクシーに乗って、プルコヴォ空港に到着。

プルコヴォ空港

この空港はボーディングブリッジがないようで、代わりに滑走路の地下にながーい通路がある。そこをずんずんと進んでいくと・・・。

プルコヴォ空港

地上に出る階段があって(エスカレーターは停まっていた)、出たところがゲート。
ここからすぐ目の前の飛行機に乗り込んで飛び立つ、というちょっと不思議な空港でした。

プルコヴォ空港

さよならサンクトペテルブルク。思っていたよりずっと楽しい街でした。冬に来てよかった。(モスクワ編につづく)

comment

These topics are so conufisng but this helped me get the job done.

Sagar 12-02-01 Wed 20:15

ErGd2W pxjzpuuqtmcd

abujruwkif 12-02-02 Thu 00:48

cJvj0h slpogrbsxnid

bvbddkxehpe 12-02-04 Sat 17:29
name (open)
email (close)
url (open)
text (open)


Type the characters you see in the picture above.


trackback

trackback url :
http://candylogue.net/mt/mt-tb.cgi/3396

「そろそろ旅に出よう」 「そうだねえ」 「またバンコクでゆっくりするのもいいな」...