home  

candylogue

eventfavorites

excursion

旅06 | 帰京、そして旅を終えて

ということで帰ってきました。ふう。

今回、自分ながらに頭のおかしい旅行だな、と思いながら各地を歩いていました。思い返せば、富山地鉄の蜘蛛だらけの車内や宇奈月に着いた途端の大雨を見たとき、「やばい旅行計画立てちゃったな」という言葉が頭をよぎったのでした。大雨のダムなんて想像しただけでも怖いのに、水の滴る長くて誰もいないトンネルを抜けて、次第に大きくなる正体不明の水音に動揺しながら、あの濁流を見たときの感動と云ったら無かったです(感動するよあれは)。行程上、前半にピークを持ってきてしまったので、後半ややだれましたが、後半にダムだと疲れてしまったかも知れないので、その意味では良かったと思います。それと、お付き合いいただきありがとうございました。旅行しながら更新は初めてやったのですが、もうやらないと思います。疲れるので(笑)。

旅06 | 山寺

山寺駅から立石寺を望む

山寺到着。この旅行、最後の目的地です。
今回は「見学」をキーワードに、見学したいけどなかなか行けない場所をまとめて巡ってきたのですが、最後もここ数年見てみたかった山寺を訪れることができて満足です。天気もまずまず。ところで最後だけ他の見学先と系統が違うように思えるかも知れませんが、山寺も巨大建造物と云えると思いますので、趣旨は一貫しているはず。と云うことにさせてください。ところで、最終日に石段千段往復は厳しかったです。

※このエントリは後日編集する可能性があります。

旅06 | 内陸へ

仙台

おはようございます。これから仙山線に乗って山の方に向かいます。
天気が良いので、このまま持って欲しいです。

旅06 | 6日目を終えて

今日は函館から津軽海峡をくぐって、八戸経由で仙台までやってきました。八戸から新幹線に乗るとき、行き先が東京行きであるのを見て、このまま帰れよ、と自分に突っ込んだのは云うまでもありません。
仙台で降りたのは、あす寄り道をするからなのですが、もうひとつの理由は、牛タンが食べたかったから。仙台に来るたびに食べていて、今日は2店ほどハシゴして食べてきました。げぷ。さあ、あしたは歩くよ。

旅06 | 果て

竜飛岬

竜飛海底駅は地上とも繋がっているので、黒部に引き続いて地下ケーブルカーで地上に出てみました。風車がたくさんあってテンションが上がりましたが、相変わらず雨が降っているのがなんともなところ。

旅06 | 海底見学

竜飛海底

青函トンネル内の竜飛海底駅でトンネル見学。まだ青函トンネルは予備知識が少ないので、「これがあの時の・・・」みたいなことは無かったのですが、23年掛けて掘ったということは、黒部や佐久間とは桁が違う訳で、もっといろいろ調べてみたくなりました。ただ、現役な上に歴とした見学コースなので、トンネルはあくまで綺麗であまりそそられず(上の写真もただのトンネルだ)。ただ、風圧などの関係で扉が圧力隔壁みたいな構造になっているのが面白かったです。「あ、これは普通じゃない」と思いました。あと、枝分かれしたトンネルの先が気になるところです。

旅06 | 海峡

昨日北海道に来たばかりですが、本州に戻ります。
数年前はフェリーで津軽海峡を渡ったので、今回は青函トンネル通ってみようかと。

旅06 | 5日目を終えて

今日のハイライトはフライト。実際、楽しかったのですが、欲を云えば、もう少し重力を感じたいと思いました。ちょっと揺れたけど、全体的には上品なフライトだったのが、ちょっと残念(変?)。飛行機ってアトラクションっぽくないですか?あの加速感とか堪らないです。また乗りたい。ディズニーランド数回分のアトラクションですが。
話は変わって、函館の街を歩いていて気づいたのですが、交差点の地名板?の表示のされ方が普段見ているものと違っていて面白かったです。普通はその交差点の名称が書いてあると思うのですが、函館では、信号機が四方にある場合、それぞれのエリアの住所が書いてあります。「大手町14」「旭町8」みたいに。これはこれで住所を探しているときにわかりやすいし、なるほど、と思った次第。函館だけなのかな?それともよくあることなのだろうか。そんなことを思いながら歩いていました。
そうそう、今日は五島軒でカレーをいただいてきました。昨日は味噌かつ、明日は明日で楽しみだったりします。今回の旅行では、よく歩いていますが、よく食べてもいるので、痩せたのか太ったのかよく分かりません。行って来いを期待。

旅06 | 相性

元町

数年前に函館に来たことがあるのですが、その時は数時間滞在しただけでほとんど印象が無いのですが、今日は時間があったので、港や元町のあたりをぶらりと歩いてみました。古くからの貿易港だからなのか、横浜、神戸、長崎と似ていて、好ましい印象。坂道と洋館って相性いいです。

旅06 | gnome

函館

このときは函館山がはっきりと見えていたのですが、直後に霧が出て、すぐにすっかり覆われて見えなくなってしまいました。夜になったら登って、夜景が観たかったのに。

旅06 | arrivals

と云うことで、函館にいます。寒いです。
これから市内まで移動。

※このエントリは後日編集する可能性があります。

旅06 | 小ネタ

スタバ・セントレア店和風スタバ。

旅06 | departures

セントレア(中部国際空港)

また雨に逆戻りです。しかも大雨警報付き。
そんな今日は、セントレアこと中部国際空港に来ています。ダムも好きですが、空港も好き。とくに陸上空港より、羽田や関空のような海上空港はわくわく度アップ。空港に着いたら潮の香りがするのって何だか素敵です。

旅06 | 4日目を終えて

今日は天気もよく、気持ちの良い暑さの中、日焼け止めを塗って佐久間ダムまで往復してきましたが、途中にあったトンネルが実に怖かった。宇奈月ダムの排砂も強烈でしたが、それとは違う、ひんやりと静かな怖さ(トンネル内は肌寒いのです)。歩道がなく薄暗いトンネル内部は、きれいに成形されたコンクリートではなく、ごつごつしたタイプで荒涼感アップ、しかも真横をダンプが通る際のごごごごという低い地響き。本気で水でも噴き出すんじゃないかと思いました。まあ、終わってみれば良い思い出です。
宇奈月、出し平、小屋平、黒部、佐久間と5つのダムを観てきた訳ですが、それぞれ違う物を見ることができて、そして、普通じゃないことができて満足です。一般的なダムめぐりでは(謎)、車を使うのが普通なところを、公共交通機関と徒歩だけで行ったのが自分らしいというか。
でも、もうしばらくダムはいいかな、とも思っているところです。次は何をしようかな。

ダムの写真はたくさんあるのですが、そのうち整理したら、Flickrかなにかに上げます。
それと、何とか上げられたので、黒部ダムの放水シーンを動画でどうぞ(無駄に大きいです。すみません)。

旅06 | 鯱

豊橋から名鉄に乗り換えて名古屋まで。快適。
で、名古屋では、ひつまぶしを楽しみにしていたのですが、目当てのお店が休みだったということで、今ひとつ消化不良だったのか何なのか、買い物に走ってしまいました。まずヴィレッジヴァンガードで、本とCD2枚とクマ(おい)、そしてビックカメラで、なぜかウォークマン(512MB)を買うという暴挙に。旅行で都市部に行くとそこでなくても買える物をつい買ってしまう習性があるのですが、今回もその病気のようです。だからと云う訳でも何でもなく、中心街の栄から名古屋駅までぶらぶら歩いてみました。名古屋は3度目で、来るたびに思うのですが、道が広くて(車道も歩道も)、適度に集積・分散しているこの街、結構好きです。日本の都市の中では東京の次に好きな街かも。

旅06 | 佐久間ダム散策情報

「佐久間ダムまで歩いていこう」という奇特な人向けにメモ。

  • 最寄り駅はJR飯田線中部天竜駅。
  • 道は比較的わかりやすいので、標識通りに進めば問題なし。
  • 片道徒歩50分(但し当然往きは上り坂)。
  • 道は歩道無しの車道な上、タイミングによりダンプが頻繁に通るので要注意。
  • トンネルが4箇所あり、トンネル恐怖症の人は無理かも(割と怖いタイプ)。
  • 4つ目のトンネル途中にある展望台は立ち寄るべし。
  • 佐久間電力館からの眺めがベストポイント。

その他の注意点として、駅にコインロッカーが無いので、荷物が大きい場合は要注意です(未確認ながら、隣の佐久間駅の方がやや大きいので、そちらなら大丈夫かも知れませんが、その分歩く距離が増えます)。

※このエントリは後日編集する可能性があります。

旅06 | 青空とダム

佐久間ダム

別カット。昨日もこのくらい晴れていればよかったのに(まだ云う)。右端に見えるのは取水塔です。丸くてレトロ。

※このエントリは後日編集する可能性があります。

旅06 | 高所

佐久間ダム

写真だとあまり高さが伝わりませんが、150mほどあります。

※このエントリは後日編集する可能性があります。

旅06 | ラストダム

佐久間ダム

本日のメインイベント会場、佐久間ダムに到着です。やっぱり天気が良いとダムが映えます(謎)。典型的な重力式コンクリートダムってことで、安心感というか「よっ待ってました」感がありますね(誰)。満足しました。ごちそうさまでした。お腹いっぱいです。今回のダムめぐりはこれでお終いです。ありがとうございました。
でももうちょっと続きます。あ、写真はまたあとでいくつか追加します。

※このエントリは後日編集する可能性があります。

旅06 | 散策日和

今日は晴れました。すごく良い天気で暑い。昨日に引き続いて、飯田線に乗って、天竜川沿いをゆるゆると下っていきます。途中の中部天竜駅で途中下車して、本日の第一目的地を目指す予定。

※このエントリは後日編集する可能性があります。