home  

candylogue

lifemagazine

machine

未来マシン

話題沸騰入手困難と思いきやそうでもないような魔法箱ですが、いかがお過ごしですか。と適当に書き始めましたが、世間のそこかしこで設定の難解さに苦悶の表情を浮かべる魔法使いが頻出しているらしいです。だがしかし、ちらほらと有志たちが解説をネットに上げつつあるので、次第に解決に向かうでしょう。探す気力さえあれば。なので、そういうことは書きません。だって面倒なんだもの。ただひとつささやかながらも助言的な声を掛けるとすれば、汝、ケータイだと思いて買うなかれ。絵文字も非通知着信拒否もできないよ。電話するならケータイの方が高機能です。少なくとも今のところは。

で、購入の顛末は大して意味もなく長々と書いてしまったので、使い心地などを書いてエントリ数を稼いでみようかと思ったのですが、そういうものはもっと使ってから書くものだよ、ジェームズくん。という声が頭をよぎったので、書くことがなくなりました。おわり。

と書きつつ続きますが、ひとまず何が便利になって、何がそうでもないのかを探りたいと思うので、できることをいろいろやってみることにしました。ただし、闇雲にやっても計測が難しいので解決したい課題を明確にします。与件の整理という奴ですね。あまり聞きたい言葉ではありませんけど。

まず、メールです。これまで自宅でpop、自宅以外ではgmailという使い分けをしてきたのですが、メールクライアントごとに同じメールを何度も読んでは整理するのが面倒で、これを何とかしたいと思います。加えて、以前からToDo管理をGoogle Calendarでやっているので、これの同期も簡単にしたい。今までは、出先で思いつくことがあると、ひとまずケータイから自分宛にメールを飛ばして、帰宅後にGoogle Calendarに登録する、という2段階登録方式を採用していました。

つまり、メールとカレンダーの同期、というのが現時点における課題であることがわかりました。面倒になってきたので現時点での対処策を列挙してみます。

  • 自宅のメールクライアントをpopではなくimapにする。
  • 主要なメールアカウントをgmailに集結させる。
  • iPhoneからgmailを送受信できるようにする。

これで、メールについてはほぼ解決です。自宅であれ、外出先であれ、gmailさえ稼働していれば、未読/既読の管理や、フォルダ分け(正確にはラベル分け)が同期されるので、同じメールを何度も整理するということがなくなりました。結果としてメールを見る時間が節約され、読むものがなくなり、こんなにメール来なかったっけ? などと思う始末です。

続いて、カレンダー。

  • MacのiCalとGoogle CalendarをgSyncを使って同期させる。
  • MobileMe経由でiCalとiPhoneを同期させる。
  • iPhoneのカレンダーアプリを使う。

以上。MobileMeを使わなくても、USB経由で同期できますが、それだと外出先では同期できないですし、ワイヤレスでいつでも同期、というのがもうワクワクするじゃないですか。あるいはドキドキものです。Macを介しているので、Macを定期的に立ち上げないと、同期が完遂しませんが、まあ現在の運用状況を鑑みるに問題ないでしょう。ところでそもそも、iPhoneで直接、Google Calendar使えばいいじゃないのかね君、という話もありますが、折角、純正の専用アプリが付いているのだから、使いたいというのがマカーの心意気というものではないでしょうか。そうでもない気がしてきました。

gSyncもMobileMeも有料なのが玉に瑕というか最大の問題点ですが、未来生活を検証するためには必要な投資なのです。と言い切って押し切ってみました。あと、某所で話題のPlaxoを使うという手もありますが、第三者サーバにGoogleアカウントを教える、というのが心情的にどうしても抵抗があります。Googleアカウントってかなり重要なIDの割に、いろいろなサービスで平気で入力を促されるのが不思議。ちなみに、gSyncの代わりにSpanning Syncでも同期できますが、こちらも第三者サーバにGoogleアカウントが送信されるのでちょっと気になります(gSyncは第三者サーバを介さないことをウリにしているようです。まあ本当のところはどうなのかわかりませんけどね)。

ということで、当初の課題はほぼ解決されたように思えます。思えるだけでまだ運用が本格化していないので、落とし穴があるかも知れませんが、そういうことも含めて、何が変わって、何が変わらないのかを、じっくりと体験していきたいと思います。そのためのマシンだもの。

アイフォーン

これは個人的な考えなのだけど、というかこのサイトはおおむね個人的なことしか書いていないのだけど、iPhoneの話。

iPhoneの魅力は電話でも音楽再生でもなく、それ以外にあると思う。電話にしては使いづらい形状だし、タッチスクリーンでしか操作できない携帯音楽プレーヤが使いやすいとは思えない。実際、iPod touchは使いづらい。それよりもむしろ、Safariなどを媒介としたアプリにワイヤレスアクセスがついていることが何にも増して素晴らしい。iPod touchの無線LANだとどこでも、という訳にはいかないし、他のPDAやコンパクトなノートでは大仰でさっと取り出して使うには心理的な抵抗がある。そして何よりスマートでない。これは動機としてとても大きい。

そんなわけで僕としてのiPhoneの定義は、定額の高速ワイヤレスアクセス付きインターネットビューワ+入力機能+電話機能+音楽再生機能となる。+以降はおまけ扱い。こうなってくると購入判断のポイントは明確で、ひとつはモバイル環境でのビューワ性能。もうひとつはワイヤレスアクセス料金を含めた月額料金がいくらになるかということ。前者については、小さなスクリーンでの操作に最適化されたSafariを積んでいる時点でクリアしている。問題は後者で、いわゆるPCサイトビューワ的定額料金と同等とすると、総額で1万円を超えてしまいそうで、正直微妙である。端末価格よりも月額料金がいくらになるのかに注目したい。

ところで、いま一番期待していることは、来年から開始されるWiMAXやWILLCOM CORE。今よりも低額で高速なワイヤレスアクセスが着実に普及して、あらゆるモバイル機器で使用できるようになると、いろいろ変わると思うのだよね。ホントに変わると思う。プアなモバイルコンテンツはいずれ姿を潜め、リッチなコンテンツに移行していくはず。ちなみにリッチというのは無意味なアニメーションとかそういうのではなくて、目的のための必要十分な情報と視聴覚表現とアクセス性についてのこと。今のモバイルというのはネットにつながると言うだけで、必ずしも必要十分なインフラになっていない。それが解き放たれた時、もっとずっと楽しいことができるのではないかと思う。問題もきっとあるはずだけど、それでもいまよりずっと健全で洗練された世界だと思うんだよね、それは。

温度と湿度を測定する価値

温度計あるいは湿度計というものはほとんど役に立たない。日常生活において必要に迫られることは非常に希と云える。そしてそこがいい。まったく役に立たないのではなくて、ほんのちょっと役に立つところがいい。いっときも休まず、温度と湿度を測定し続けている機械が健気で美しいと思うわけだ。

[photo] 温度・湿度計と時計

容赦ない林檎

あまりにもあまりなゴシップ通りの発表に腰が抜ける思いで勢いついでにポチっとな。でも、クラシックな 160GB も捨てがたい。これなら全部入るしなあ。

[photo] New iPod Family

MacでFM放送をライブラリ化

Macで、エアチェックをする際の構成のメモ。
アナログチューナからラインでMacに取り込んでエンコード、という方法は前から存在しているものの、同期が面倒だったり、タイマー予約に制約があったりと、今ひとつ不便なところがある。ざっと調べたところ、Griffin TechnologyRadio SHARK 2という製品が価格、機能の面で良さそう。USB経由で取り込んで付属のアプリケーションから再生、録音が可能。タイマー録音にも対応している。AACでエンコードできるので、iTunesあたりに放り込めば
ただ、調べていくと受信感度があまり良くない、という話もあり、導入するかどうかは思案中。VHF(FM)アンテナ線が部屋まで来ている場合、これとVHF分波器を使うと改善されると思うのだけど、どうなのだろう。そのうち試してみよう。

Radio SHARK 2をインターネット経由で制御できるアプリケーションも。

おでかけパノラマ

[photo] 竹芝桟橋のパノラマ
「住宅都市整理公団」別棟で見て、欲しくて欲しくて、つい買ってしまいました。Kodak V705。だってすごくお手軽にパノラマ合成写真が撮れるのだもの。デュアルレンズだとかフォト共有だとかそんなものはこの際どうでもよくて、ただひたすらにパノラマ一点勝負。とりあえずパチリと1枚撮って、右(もしくは左)にパンしてモニタに表示されるガイドに合わせてもう1枚。そしてさらにもう1枚。するとジーってカメラが考え込んで、しばらく待つと合成写真のできあがり。単に3枚横につなぎ合わせるだけではない、結構手の込んだ合成具合を見るに付け、なかなか賢い仕事をする奴であります。お値段の割に安っぽいだとか、ホールドしづらいだとか、そんな心ないことは云わないよ。心の中では思うけど。あ、23mmっていうのは使いがいがありますね。持ち歩き広角カメラとして頑張っていただこうと思います。
ちなみに写真はクリックすると大きくなりますよ。

ハード熱

以前、出社途中でWiiを発見して即買いしましたが、今日は出社途中でDSLiteを見つけたので購入しました。もちろんジェットブラック。でもどのへんがジェットなんでしょうか。なお例によって、ゲームは買っていません。自分でもハードヲタかよ、と思います。

泥縄

最近、新宿によく行くのですが、今日、足を運んだら、PS3がふつうに売られていたのでつい買ってしまいました。もちろん誤魔化しの20Gではなくて60G。ここで妥協してどうする。でも、どう考えても欲しいゲームがないのでゲームは買わず。当面はブルーレイ & SACDプレーヤとしての活躍を期待しています。あとはPS互換機として、ドラクエVIIIでもやります。今年の正月はドラクエ三昧。いやあ、楽しみ。というか、Wiiは未だに買えません。どこで買えるのだ。Wiiストラップの交換だけは済ませましたが。よいお年を。

寒空

澄んだ青空と枯れ葉昨日は、動物電気の「三女の食卓」を駅前の劇場で観劇。予定では来週の千秋楽を観るつもりだったのだけど、某予定の割り込みにより急遽繰り上げての実施です。内容については全く心配しておらず、そして期待通りの面白さでありました(予想通りの内容だったという意味ではなく、「裏切られることを期待してちゃんと裏切られた」という感じか)。ちなみに、芝居後のアンケートに勢いで「今年観た芝居のベスト3」と書きましたが、改めて冷静に考えると「ベスト5」には入ると思います。つまりそれだけ良かったと云うこと。

観劇後は、劇場でもらったほかの劇団のパンフレットを見て、面白そうなものがないか探すのが楽しみなのですが、その中から今回は2つほどピックアップ。

話は変わって、今、部屋には「はじめてのWiiパック」と「Wii D端子AVケーブル」があるのですが、Wii がありません。

引き籠もり計画

ブラビアとクマテレビを見なくなって久しいけれど、ビデオの再生環境を良くしたくって、今年最大のお買い物、BRAVIA到着。もともとWEGAユーザなので、ソニー-ソニーの乗り換え。とりあえず、春に買ったきり一度も観ていなかったチャーリーとチョコレート工場を観たけど、いいね。いいって云うのは、BRAVIAとチョコレート工場の両方。もう、たくさんDVDとか買ってしまいそうだ。暑くなってきた昨今、張り切って引き籠もろうと思います。

オサレでポータブルなマシンが欲しい

iBookのIntel版は予想通り、MacBook。
下位モデルもCore Duoだし、134,800円からという微妙な値付けに、思わずポチリとしようかと思いましたが、「レオパルドを待つのが賢明だよ」という声が右斜め上の少し後ろの方から聞こえてきたので、思い留まりました。それにしても、黒がくるとは思わなかった。指紋付きそうだけど。
あと、VAIO Type Uはデザインがダメ。なんか、最近のソニーのデザインに惹かれないなぁ。デザインが良ければ、むしろこちらをポチリとしたかも知れないのに。

設計思想

岩田さんいいなぁ。とくにこのへんとか。

私は,「電源が切れているときでもテレビ・ゲームは何かできないだろうか」という長年の夢を抱いていた。他社さんは,新しい半導体技術を使ってより高いクロック周波数で,より高性能な処理ができるという方向でゲーム機を開発している。私は逆に,より進んだ技術を使えば消費電力を下げられると考える。消費電力を下げられれば,すごく少ない電力で,ファンも回らずに静かなままEthrenetにつなぐことができる。例えば通常のゲーム動作時では,Wiiの消費電力は50W弱であり,空冷ファンが回っている。それが24時間駆動モードである「Wii Connect 24」では5W程度の消費電力となり,ファンの駆動が不要になる。

各家庭に浸透するためのインフラをどう設計するか?という命題に対して、高性能なスペシャルマシンという解を出したPS3と、低消費電力+常時接続でインスタントなマシンという解のWii。面白い。

ボーダレス

自宅では、WinとMacを並べて使っていたりするのですが、マウスもキーボードも別々に用意しています(以前は、USB切替器でキーボードを共有していたのですが、Mac側で頻繁にキーボードを見失うため、今は2セット用意しています)。が、ひとつのマウスで両OSを行き来できたら楽でいいよなぁ、とか日頃、思っていたわけです。そうしたらあるじゃないですか!早速、設定してみたところ、ちょっと、Mac側で手こずりましたが、行き来できます!クリップボードも共有できるので、Winでコピーして、MacでペーストもOK!すげ!!!もっと早く気づきたかったなー。
感動して夜も眠れませんが、そろそろ寝ます。

Boot Camp Debut

Windows XPをMacで動かすソリューションが、ついに公式のものとなった。Appleはデュアルブートを実現するための純正ソフトウェア「Boot Camp」を公開した。[Apple、Windows XPブート可能な「Boot Camp」で「スイッチ」を加速(ITmedia)

キター。やべ、MacBook Pro買うか、買ってしまうのか。
でも、同じIntelアーキテクチャ上で動いているんだから、Mac OS上でWindowsが高速で走る(逆もまたしかり)ってのも可能だと思うんだけどなぁ。可能だから実現するってわけではないけども。

好き好き洗濯機

去年のクリスマスに洗濯乾燥機欲しいとか書いたのですが、産業再生法が適用された三洋電機から空気で洗う洗濯機がデビウです。空気!!すげーってことで早速、ページを見に行ったのですが、汚れが落ちるのかと思ったら、落ちるのは臭いと細菌だけらしいです。表現ががわかりづらいというか、スレスレな気がしました。デザインも微妙。もっとスクエアなのが欲しい。人間工学なんてどうでもいいんです。
なんて考え方は少数意見なんでしょうね。

カメラ選び '06

060303-03.jpgきのう某カメラ2台で撮影したフィルムを早速現像して、見比べてみました。F1.9とF2.8ってことでどれだけ違うか気になったけど、思ったほどではなかったので、ほぼ心は決まり。土日でもう少し試してみて、買ってしまうと思います。社内の気になっていた何人かも概ね同意見のようなので、一気にユーザーが増えるかも。ついに緑の時代ですか!とかなんとか。

camera! camera! camera!

060302-04.jpg某社の某担当者のご厚意で、某カメラ2機種を貸していただきました(しかもフィルム付き!)。わーい。ということで早速、オフィスの内外で撮影会を行ってきました。あす現像に出して徹底的に比較してみようと思います。そういえば、銀塩触るのって久しぶり。

# タイトルがベタすぎるけど、このフレーズってデジカメじゃなくて絶対に銀塩だと思う。

オリンパス+松下+ライカ

松下電器産業は26日、米国で始まったカメラの国際展示会で、オリンパスと共同開発したデジタル一眼レフカメラの試作機を公開し、年内に世界同時販売すると発表した。オリンパスの一眼レフカメラ技術と松下の半導体技術を融合し、松下がライセンス生産する独カメラメーカー、ライカのブランドで初のデジタル一眼レフ用交換式レンズを搭載する。機能の詳細や価格は未定だ。(松下・オリンパス、共同開発のデジタル一眼レフを公開 / YOMIURI ONLINE

お、ついに!フォーサーズ規格がんばれ。つか、これを機にオリンパスも譲渡、とかしないでね。

雨降る街のネオン

060225-01.jpg

池袋に用事があって行ったら、neonを発見!おおお!
ってことで、衝動的にauショップで機種変しました。予約していなかったけど、なんとか在庫もあって無事、マーブルなtalbyくんから、スクエアなneonくんにバトンタッチ成功。久々の新端末にちょっと浮かれ気味です。
ところで、着うたフルはどうでもいいと思っていたんだけど、neonでFM聴くと、番組で流れている曲をそのままシームレスにダウンロードできたりするのはすごいと思った。メディアミックスだ。こう云うのは体験しないと実感沸かないね。

新PSP

新PSP