home  

candylogue

monologuephoto

music

小沢さんと小山田さん

こことかを読んで、久々に90年代のあれ系の曲を引っ張り出してきて、というかiTunesで選ぶだけだからたいした労力はかからないのだけど、いろいろ聴いてみる。カメラ! カメラ! カメラ! とか、さようならパステルズバッヂとか、午前3時のオプとか。あるいは、buddyとかある光とか。Elastic GirlはiTunesに入っていなかったから、CD棚から探してきてエンコードしてから聴いた。CDから聴けばいいのにね。完全にマスターストレージ扱い。ついでにむかしエンコードしたThe First Question Awardのビットレートが低かったので、256kに再エンコードしたりする。このアルバムは廃盤なんだね。もう振り返りたくない過去なのかしらん。まあ作り手と聴き手は違うし、お互い好きに扱えばいいと思う。ただ、今から新しく出会う機会が減ってしまうというだけだ。僕はもう知っているからどうでもいい。でも、もうすぐ20年とか経ってしまう曲もあったりして、その現実にはちょっと驚く。ちょっとだけ。小沢健二は小山田圭吾のソングライティングとボーカルに嫉妬していたと思うし、小山田圭吾は小沢健二のテキストライティングとアイデアに嫉妬していたと思う。ソロの初期はその呪縛に囚われていたし、今でも囚われているのかもしれない。でもそんなことはよくあることだし、それこそどうでもいい。彼らが優れた作家であることは確かだから。久しぶりにフレンズ・アゲインを聴いたりして、若いねえと思いながら現在に目を移すと、オリンパスPENのCMやら、久々のコンサートやらで今もなにかと活動しているふたりがいて、それは素直にうれしい。もう演るほうも聴くほうもいいおじさん・おばさんだけどねー。

雪とハイファイ

ようやく東京にも雪が降るそうで、ああ冬だなあ、寒いなあ、という実感がひしひしと迫ってきて、あさ起きたら銀世界という心躍る感じになるのかと想像すると今から心躍ります。初雪の日は初雪記念日として休みになればいいと思う。みんなで雪合戦とかしたらきっと楽しいんじゃないかなあ。

「ハイファイ新書」がなんだかすごい。前作から見違えるように落ち着き払った、枯れた感じすら漂わせる地味な曲だらけなのに、緩くくねるような妙味が含まれていて、何度も繰り返し聞いてしまう。傑作か駄作かってくらいのぎりぎりのせめぎ合いののち、あれもしかして天才なの? とふと思ったりする、でもよくわからない、みたいなそんなアルバム。

2008年の音楽趣味を振り返る

最近めっきりとCDを買うことが減り、ここ数年の半分くらいかしら。ちゃんと数えていないので適当です。適当というのは本来は「適切」に近い、ポジティブな意味合いがあると思うのだけど、この場合はネガティブな意味合いでの適当。適当に回答する。という場合、プラスにもマイナスにも取れるので、いい加減に答える場合に適していますと適当に書いてみたり。いい加減と書くとマイナスだけれど、良い加減と書くとプラスでもある。言葉は変わりゆくもので、それは当然のことだと思うので、とくに嘆いたりはしない。言葉を使う目的がコミュニケーションであるのならば、本来の意味なんて関係なく、相手と自分の間での相互理解言語で語る必要があり、その前提無くして、そしてその努力無くしてコミュニケーションは成立しない。日本語とか英語とかではなくて、もっとミニマルな単位での言語である。マスコミュニケーションについてはどうか知らないけれど、個人的には1対多であっても1対1の集合であって、それぞれのコミュニケーションが成立したりしなかったり、というのが面白いと思う。あと、コミュニケーションとは別の観点において、言葉の本来の意味を知ることには価値があると思うし、日本語の深さと美しさと使い勝手の良さにはとても興味がある。このように少しずつ論点がずれていきどうでもよくなる感じが適当に心地よい。キリンジは冨田恵一のトリートメントにより素材の良さが増幅されていたのだなあと思う。つまりは、2008年はあまり音楽に触れ合わなかったんだよね、という話。

今年買った音楽たち(抜粋)

師走の鑑賞はじめ

オーチャードホールで菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール。今年3回目で新鮮味はなかったけれど、コンサートホールで観るのは、背筋が伸びるというか儀式的な雰囲気が好ましい。まどろみながら聴く。「ソニア・ブラガ事件」「大天使のように」「映画『8 1/2』~それから・・・・(ワルツ)より」がとくに素晴らしかった。

菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール「菊地成孔コンサート2008」 (オーチャードホール)

昨今の音楽趣味雑感

いつの間にか中国に行ってしまった川島蹴太がまさかの復活というか、そもそもまさかというほどの驚きを伴って迎えられるほどの認知はきっとないだろうと思われるテトラプルトラップの新譜が「淋しい熱帯魚」だなんて、もう狙いなのか、天然なのかはどうでもよくて、こういう人を食った言動の憎々しさと痛快さが、チクチクとした胸の痛みとともに単純に面白い。ちなみに「淋しい熱帯魚」は紛れもなくWinkのカバー。1989年。

ナイーヴポップ・オア・プチフールの「アイ・ラブ・エヌ・ピー」は、根尾亜子、って誰だ、ネオアコ全開で、あまりに胸キュン過ぎて胸焼けする感じがとても好感が持てます。今時誰が聴くんだよ、なんて言わないで聴きたい人だけ聴けばいい。聴きたくない人は聴かなければ知らずに済んでそれもハッピー。手作り手ぬぐいジャケットにライナーノーツと元ネタガイドまで付く悪趣味ぶりにニタニタしながら、こういうチープと過剰の混沌みたいなものの行く末に思いをはせる、なんて出鱈目なことを思ったりした。いや、しない。

フリッパーズ・ギターやピチカート・ファイヴなどへの懐古でもなく、小沢健二や曽我部恵一らへの憧憬でもなく、それらへのアンチとしてのカプセルやプラスティック・スクイーズ・ボックスでもなく、純粋に好きなことをやっているだけ、みたいな姿勢は、まったくの時代錯誤で時流に乗り遅れた純然たるダサさを遺憾なく発揮しながら、ゴーイングマイウェイで「それが何か?」とひとこと言って、さっさと行ってしまう、そういう痛快さが何より格好いいと思う。実際のところは知りませんけどね。

それとこれとはまったく関係がなく、ずっと前に買って塩漬けにしていた「鉄コン筋クリート」が奇跡的に発掘されたので観る。浅いんだか深いんだかよくわからないストーリーも良かったり悪かったりするけど、それより何より絵がすごい。とても自由で潔く、観ていて気持ちがいい。今さらこんな感想を書くくらいの自由さがとてもとても大切。自由であるべきは環境ではなく思考なのだ。

lollipop

すごいすごいとは聞いていたけど、カジヒデキの新譜が渋谷方面一直線過ぎて笑った。タイトルがロリポップで、ジャケットが北欧な女の子で、音楽は80年代だなんて趣味の悪い冗談のようなホントの話。「1000 Heartbeats」なんて、堀江博久、真城めぐみ、Yoshié、小山田圭吾とかいま何年? みたいなことになってて、ああカジくんしかできないよね、これは、だなんて思ったりして、いいのこれ? いいんじゃない? いいよね、そういう感じで進む、冗談じゃなくて真面目な2008年のアルバム。

música

Wii Musicが思いの外、楽しい。僕は楽器はほとんど演奏できないけれど、それを差し引いても、演奏がきっちりとエミュレートされている訳ではない。むしろかなりアバウト。でも確実に楽しい。楽器が弾けて楽しい、というより、音で遊んでいる感じがとてもいい。きっちりと作り込まれていて、飽きさせないというか、難易度で取り残されない工夫がそこかしこに仕組まれている。さすが宮本作品。みんなでやるととても楽しくてニコニコこしてしまうので、そういう感じになりたい人にはおすすめ。みんなでニコニコ。

先日のクラブハイツ公演で先行予約した「記憶喪失学」が届いたので、ぐるぐるとロンドの如く聴く。うっとりとしてざわざわとする。とても良いアルバム、だと思う。

京都とウクレレ

つじあやののカバー集が取り立ててどれが良くて、というのではなくてどれもが良くてうれしい。近頃、カバーものが多くて、何となく何だかなあとか思って手を出していなかったのだけど。へそ曲がりなので。

京都でフィールド・レコーディングされた2枚目は、子どもの声や鳥の囀りなどの喧噪が背景に流れていて、それがとても心地良い。糺の森での「美しく燃える森」とか、鴨川での「君は天然色」とか。カバーイラストは中村佑介氏。初回限定盤に収録されたPVを観ると京都に行きたくなると思うな。

八雲

降ったり止んだりの天気の中、目黒だと思ったら都立大学が最寄りだっためぐろパーシモンホールにて、菊地成孔が自宅から持ってきたCDをアトランダムに掛けて適当にしゃべるというWANTEDとかTHE UNIVERSEあたりのファンには堪らないイベントに参加する。時間の都合で第二部だけ行ったのだけど、18時半開演のはずなのに開場時には既に本人がステージに鎮座して話し始めてたのがらしいと言えばらしい。予想通り、適度に脱線しつつ、ペペ・トルメント・アスカラールの新曲も聴けたりして満足。あと、東横線に乗ると地元という感じで落ち着く。

three cheers for nobility

タイのフリッパーズ・カバー盤を聴いたり、難儀していた「熊を放つ」を読んだりしていたら、夏はいつの間にか終わっていたんだよ。というようなことはなく、計画的に夏は終わり、秋が始まるのは世の常、世の掟。このまま潔く終わってくれたら格好いい夏だったよ、2008年は。と記憶に刻まれるかもしれないそんな夏の終わりに、コーヒーミルク・クレイジー。

蝉と花火と

花火でも観にぶらりと出掛ける、のではなく、今宵は日比谷に出掛けて音楽に浸る。蝉と花火の音を背景にして、次第に陽が落ちていく公園の中で、2つの音楽が聴けて幸せ。憂鬱と躍動、あるいは、終演間近の小雨と終演後の大雨なんて、さもありなんな構図はさておいて、アンコールの菊地成孔×スカパラと会場中の笑顔がすべてを物語る、とてもハッピーでピースフルなイベントでした。

「野蛮人の夜会」 (日比谷野外音楽堂)
出演:菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール、東京スカパラダイスオーケストラ

meg

ただひたすらに眠い日々が続く。春眠暁を覚えずだとか五月病、あるいは台頭する六月病なんてものはなんなのだろうと考えるまでもなく過ぎ去ってしまった。というか六月病とかそういうのはただ理由付けて安全地帯に逃げ込んでいるだけなのではないのでしょうか、とか思ってしまうのはデリカシーがないのでしょうか。順風満帆だけの人生なんて無いのだから(第一、そんなの面白くない)、その時々のアクシデントをどう乗り越えていくかが大切なことであり、その人の生きる意味ではないのかなーとMEGの新譜を聴きながら思いつくままにお送りしております。どう乗り越えるかは人それぞれ、個人的にはうまく乗り越える必要なんてまったく無いと思うけれど、結果はどうであれ乗り越えようとする意思が美しいんじゃないかと思います。なんだか知らないけど、MEGと柚木隆一郎の新譜が2枚ずつ届いたので、返品しなくちゃ。MEGはジャンクでいいですね。冗談の冗談みたいな感じで。

あしあと

肌寒いとか天気が悪いだとかいいつつも着実な夏の近接を感じる週末にmuxtapeを作ってみました。無難。

another view point

cornelius soundでこの間のツアーのあれやこれやが発売になったと思いきやパンフがいつの間にか売り切れていて悲しい思いをしています。4,500円に躊躇している場合ではなかった。悔し紛れに今さらにツアーのセットリストを掲載。OmstartとかTonerあたりがもしかしたらライブでは初めてかも。でも真骨頂はツアーがビデオ化されても決して収録されないであろうAnother View Pointでしょう。

The Cornelius Group "Ultimate Sensuous Synchronized Show" at Tokyo International Forum Set List

  • Breezin'
  • Wataridori
  • Gum
  • Toner
  • Another View Point
  • Smoke
  • Tone Twilight Zone
  • Drop
  • Point of View Point
  • Count Five or Six
  • I hate hate
  • Scum
  • Omstart
  • Brand New Season
  • Beep It
  • Monkey
  • Star Fruits Surf Rider
  • Fit Song
  • Like a Rolling Stone
  • Music
  • Sensuous
  • [en] Eyes
  • [en] E
  • [en] Sleep Warm

去年のツアーのはこちら

来週の「週刊真木よう子」は江口のりこ出るのねん。

アコーディオンビニル

先日のコーネリさんのライブであまりの物販エリアの混雑に即座に回避を決断してしまう程度に歳を取ったと自覚している訳ですが、物販パンフを見ていたら、2002年のツアーで発売された「I LOVE LOVE / I HATE HATE」の5インチ盤が欲しくなったので、なんとか手に入らないかなーと思って探していたら、HMVで買える模様。とりあえず入手してデジタル化しました。便利で素敵な世の中です。

レビューの「CDサイズのアナログなので、いつでも何処でも持ち運べます。」ってあたりが仄かに面白い。そんなに持ち歩くのか。

以下は東京国際フォーラムでのULTIMATEなオープニング。紛れもなくULTIMATEですがライティングミスが見どころです。嘘。ちなみに当日、撮影、録音はOKでした。録画がOKなのかについては不明。

よいーん

日曜の余韻な感じでいくつか。

Opening #1 (NYC)


Opening #2 (Coachella 2007)


Opening #3 (Hiroshima)


Count Five or Six


Gum


Fit Song (PV)


Star Fruits Surf Rider


E


Music (PV)


おまけ #1 : Love Parade feat. NOMIYA Maki (Ugo Ugo Ruga)


おまけ #2 : Count Five or Six (Yo Gabba Gabba)


おまけ #3 : Coloris (Nintendo bit Generations)


おまけ #4 : Eyes

Ultimate Sensuous Synchronized Show

国際フォーラムにてザ・コーネリアス・グループを観る。とてもとても素晴らしかった。ホールだけあってこれまでよりもずっと高音質・ぐっと高画質。ちびまる子ちゃんやら矢沢永吉やらカオシレータやらテノリオンやらギミック満載。最後はスタンディング・オベーション。これから開催の名古屋と大阪がうらやましい。

ホールツアー対応の新セットリストはそのうち書きます。

The Cornelius Group "Ultimate Sensuous Synchronized Show" at Tokyo International Forum

演奏は、よりタイトに!
映像は、よりシャープに!
輝きを増した照明、お待たせの、新メニューも!!

過酷な欧+米ツアーを経て、けいけんちが69あがったザ・コーネリアス・グループが、みんなのニッポンに帰ってきた!国内三大主要都市で開かれるワールド・ツアーの最終ステージは、ナイス・エイジの成熟度を余すところなく伝えるデラックス・エディション。

シンクロ率200%!!!

ell-mallo

エルマロ復活。渋谷系とかくだらないことはもう放っといてガーっと聴くがよろしい。地に足着いた浮遊感に疾走して緩く怠い刹那の49分。

究極の、最後のシンクロ

今まで気がつかなかったのだけど、今度のツアーは "ULTIMATE" なんですな。なにが "ULTIMATE" なのかを気にしながら楽しみにしています。あれ、ホールだから?

[pic] THE CORNELIUS GROUP "ULTIMATE SENSUOUS SYNCHRONIZED SHOW"


そして春が来て

年が変わってもあまり代わり映えのしないなか、いつしか1月も終わろうとしていますが、それでも着実にものごとは動いていて、周りも変わって行っているわけです。移ろいゆくことを感じることはなぜかざわざわしますね。ということはさておき、雪も降ったことだし、そのうち花粉が飛び、梅が咲き、桜が舞い、鳥たちは唱うのでしょう。ラララ〜。

DJ CodomoとYMCKの新譜がよかった。コドモさんのは突き抜けるかっこよさではなくて、落ち着いたかっこよさ。長く付き合えそう。YMCKのはこれまでよりマイルドでしっとり。敏感肌にも安心です。