home  

candylogue notes

notes
小説: March 2008

小説: February 2008

劇団、本谷有希子の2005年公演「乱暴と待機」の小説版。馬渕英里何と市川訓睦の屈折した関係性が何とも垢抜けず、微妙な読了感(読んでないけど)を感じさせる快作(褒めてます)が、3年の熟成期間を経て、どう洗練されたのか気になります。ちなみにアマゾンでは27日発売になってますが、公式サイトが29日なので、公式を採用します。書籍の発売日はいい加減なので、まあそのあたりということで。

追記。やっぱりもう都内とかの店頭には並んでいる模様。

3/8は渋谷のリブロでサイン会もあるみたいですよ。かわいいからサインもらいに行くといいと思います。僕はその頃、たぶん西荻窪に居ます。

monthly

categories

categories (monthly)

tags